続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。


 スポーツセンターで汗を流しすぎたせいで、動けない……。
 ブログを書きたかったけど、今日はちょっと止めにしよう……。
 疲れすぎて、早く寝たい……。
 


 異世界ファンタジーもいいけど、スポコンもね!!

 毎週がパラダイスな蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、そして現在、週刊ヤングマガジンで絶賛連載中の『パラレルパラダイス』の作者、岡本倫先生のスポコン漫画『ノノノノ』を徹底的に語るコーナーを。
 いや~、パラレルパラダイスが色んなところで好評でファンとしてはとても嬉しいですねえ。ヤンジャンからヤンマガに移ってから、色々不安なことがありましたけど、上手く迎合されたようですからねえ。これで、ノノノノをはじめとした岡本倫先生の作品に触れるととても嬉しいのですが。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へ入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 俺もあんな女の子と一緒にいちゃいちゃしたい!!

 時々、異世界に冒険したいと思う蔵間マリコです。
 皆さん、週刊ヤングマガジン岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』の今週号を読みましたか~?いや~、今週もエロ全開の展開でなかなか面白かったですねえ。特にラストのあれなんかは、ズルすぎる。あれは、ヤングジャンプ連載の時なら絶対にやることができないものですから。
 しかし、エロ以外にも気になることが多い多い。特に今回は、今までと違って異世界ファンタジーですからね。散りばめられた謎や複線、そういったものが今まで以上に気になる。あんなことやこんなこと、様々な可能性が。
 というわけで、今回はその謎についてでも色々と考察という名の妄想を語らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 毎週が楽しみ!!

 女の子だらけの世界に行きたい蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートで有名な岡本倫先生の週刊ヤングマガジンで連載中のエロチート漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 いや~、たんの漫画が読めるって本当に幸せですねえ。どんなに憂鬱な気分でも、たんの漫画を読めば、一瞬で元気になれる。これがあれば、1週間戦っていける。まさにたんの漫画はカンフル剤そのもの。
 逆に極黒のブリュンヒルデが連載終了してから1年の間は、なかなかテンションが上がらない日が続いていましたからねえ。Febriとか、エンドカードが数少ないたん成分補給ポイントぐらいで、あとは砂漠が続くのみ。やっぱり、たんの漫画を読まないと!!
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へ入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 なかなか完成しません!!

 進捗状況が極めて悪い蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、猫耳宇宙人でのデュタ、ミミとミューナの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 今週でカノゴク第20話が終了となりますが、第21話が完成していません……。進捗状況としては85%、後押しのところまで差し掛かっているんですけど、それがなかなか上手くいかなくて……。逆算して物語を作っているから話のラインは決まっているんですけど、思うように運ばなくて。思い切って直すという選択肢もあるけど、それだと時間がかかりすぎるし……。う~ん、困ったもんだ。
 とまあ、ちょっとに詰まった状態に陥っている状態なんですけど、それはひとまず置いて、そろそろ本編へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、お世辞にも上手とは言い難い内容ですよ。それでも読んでくれると非常にありがたいです。
 それでは、今回のカノゴクをどうぞ。 続きを読む

このページのトップヘ