続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。


 3日連続たんデイ!!

 超展開が大好きな蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリート、そして週刊ヤングマガジンで連載中のパラレルパラダイスの作者、岡本倫先生のスポコン漫画『ノノノノ』を徹底的に語るコーナーを。
 いや~、まさにたん快進撃ですねえ。先月から連載開始したパラレルパラダイスは勿論のこと、来月にはヤングジャンプGOLD君は淫らな僕の女王の掲載。そして、たんはドイツにてサイン会を行うのですから。


 いかに海外でもたんの漫画が受けているかが伺えますねえ。以前は、海外でインタビューなんかもしたことありますし。連載しながら海外へ遠征するのは大変かもしれませんが、それだけ人気の漫画家なのかもしれません。これはファンとしてはとても嬉しいばかりです。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へ入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 この顔を見たら、110番!!

 たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 皆さん、今週もしっかりと読みましたかー?現在、週刊ヤングマガジンで絶賛連載中、極黒のブリュンヒルデエルフェンリートの作者、岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』を。
 いや~、今週のパラパラも面白かったですねえ。まさしくたん節炸裂で、終始笑いっぱなしというか。それでいながらも色々と複線もあるし、色々と楽しめる要素が多い。ホント、たんの漫画を読んでいると元気になるよ。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、今回は小ネタでもしたいと思います。勿論、今回はあれについての小ネタです。当然ながらネタバレありまくりですし、たんの作風も、管理人の独断と偏見もありまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 パラパラきみだらも大好き!!

 たんの漫画ほど好きなものはない蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングマガジンで絶賛連載中の岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』の感想を。
 ヤンマガに移籍してからも強烈な作風を炸裂させているたんですが、なんと5月18日発売する週刊ヤングジャンプ増刊号『ヤングジャンプGOLD』にて、横槍メンゴ先生との禁断のタッグ作『君は淫らな僕の女王』が掲載されるそうです!!
 いや~、休刊したミラクルジャンプの代わりのヤングジャンプ増刊号が創刊されることは今までのパターンから想像がついていましたけど、まさか創刊号できみだらが復帰するとは思いませんでしたよ。それだけメンゴ先生が忙しくて、ようやく目処がついたといった感じなのかもしれません。どうなるんでしょうか、パラパラも相当ヤバイ内容なのに、きみだらはそれ以上にヤバイ内容ですからねえ。あああ、たんとメンゴ先生の新作が楽しみだ!!
 とまあ、楽しみで一杯な本日ですが、きみだらの話は置いて、そろそろ本題の感想へ入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


キングコング 髑髏島の巨神001

 後半はネタバレがあるので要注意。

 映画はエンターテイメントだと思う蔵間マリコです。
 先日、市内の映画館にて、とある映画を観に行きました。それは、『キングコング 髑髏島の巨神』っす。日本のゴジラと並ぶ、怪獣映画シリーズの新作です。
 いや~、実はキングコングは初めてなんですよねえ。理由というよりも、単純に今まで縁がなかったというか。多分、そういう人は自分だけではないと思います。ゴジラでも出演したことがありますけど、初期の作品ですから見たことがないという人も結構いると思いますし。
 でも、この機会だからキングコングの世界に触れるの良いかもしれない、噂ではなかなかの評判ということも聞くし。ということで、初キングコングに行きました。
 しかし、これが結構なかなか席が埋まっていて。自分は、幸い予約をしていたので席はちゃんと取れましたけど、予約していなかったら……。やっぱり、予約というものは便利だ。 続きを読む

このページのトップヘ