続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。


 たんの漫画は、考察してナンボよ。

 先の読めない展開に心躍る蔵間マリコです。
 皆さん、今週のパラレルパラダイスを読みましたかー?いや~、今週はまさに岡本倫先生の作風炸裂な回でしたよねー。しかも、タイミングがタイミング。青年誌にあるまじき交尾シーンもいいですけど、やはりたんの漫画の本質は謎が謎を呼ぶ展開ですからね。物語に謎があると、エルフェンリートから追っかけているファンとしては、嬉しいばかりですよ。
 とまあ、たんファン大歓喜な1話でしたが、今回はそれの謎についてのまとめと個人・他人の考察についてでも語らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 やはり、たんの漫画はこうでなくちゃ!!

 驚きの展開が大好きな蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートの作者、岡本倫先生の週刊ヤングマガジン連載の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 パラレルパラダイスコミックス4巻の発売日まで2週間を切りました。1日1日近づくにつれて、ワクワク感が増してきます。掲載時にも楽しませてもらっていますけど、やはりコミックスが本命ですからね。まとめて読む楽しさもありますし、加筆修正によっての掲載時との違いを楽しむのもいいですし。今回は特装版がないのは残念ですけど、その分、加筆修正に力を入れているはず。あああ、早く発売日が来い!!
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


孤狼の血001

 警察じゃけぇ何をしてもええんじゃ。

 邦画も面白いものはあると思う蔵間マリコです。
 今日は、いつも利用する大型シアターである映画を観に行きました。それは、役所広司・松坂桃李主演のヤクザ映画『孤狼の血』だ。
 いや~、ヤクザ映画を観に行くなんて、生まれてこのかた初めてですよ。単純にその手のジャンルに興味がないというか、TVで放送されていた時に観るぐらいしか機会がありませんでした。では、どうしてこの映画を観に行くことになったのか。一つは、ツイッター仲間の評判。もう一つは、広島県の呉市(作中では架空の広島の市だが)を舞台にした作品だからだ。最初はニンジャバットマンを観る予定だったけど、時間がかなり厳しいのしかなかったので、急遽、孤狼の血に変更しました。つくづくDCの映画とは縁がないな、自分は。
 ちなみにここからは感想なので、少なからずともネタバレが入っています。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ