続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

 


 ゴ、ゴ、ゴ、ゴーーールゥッ!!


 


 日本勝利おめでとう!!蔵間マリコです。


 昨日のサッカー『日本VSバーレーン』すごかったですね。オウンゴールが決勝点になるとはいえ、日本が勝つなんて素直にうれしかったです。私は、その時間は、サッカーを見てませんでしたが、ニュースで日本が勝ったという情報を知ってうれしくて、興奮しすぎて寝不足でした。でも、私は、日本の戦略面とかにも問題があると思いました。例えば、三都主が暴走気味だったというのも気になってたし、日本のメインの戦略のサイド攻撃もちゃんと機能してないと思いました。


 


 少し話をずらして、サッカーに関連する漫画や映画といえば、キャプテン翼と思いますが、自分にとってサッカー漫画の王道は、『イレブン』だと思います。キャプテン翼は、シュートやパス、キャッチなどが派手なのが特徴で、あまり練習のシーンとかないと思います。それに比べて、イレブンは試合とかは、実際のサッカーみたいに地味なところがよくて、それに練習も非常に地味で、実際のサッカーの練習みたいで、なんか、サクセスストーリー的な話が大好きです。


 あと、個人的に好きなサッカー映画といえば、やはり、『少林サッカー』でしょう!!サッカーとしてみるのはいまいちかもしれませんが、型破りなカンフーとサッカーがとても好きです。あと、ラストのサラリーマンが二階建てのバスにすごいジャンプをして飛び乗るシーンが爆笑で、自分の中でも好きな映画のひとつです。


 


 私も、昔、小学生のころ、サッカー部に所属していて3年間ほどサッカーをしていましたが、13人しかいない中、私は、補欠でした・・・。リフティングもできないほどのヘタレで、あの時もっと練習しとけばなあと思いました。


 


 まあ、とにかく、日本がんばれ!!


 


 


 アムロの再来か・・・


 


 私は、アムロでも、カミーユでもありません。蔵間マリコです。


 今日は、昨日、例のレンタルビデオ店T屋で借りたアニメ、『機動戦士Zガンダム』のDVD1巻を見ました。


 なぜいまさら、動戦士Zガンダムを借りたかというと、今年の5月にある映画、『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』の映画を見るために前もって復習するために借りたのです。そして、このアニメ(ここでいうのは、映画のスッタフのことではない。)のすごいところは、スッタフがすごく豪華なことです。原案の矢立肇、原作・総監督の富野由悠季、キャラクターデザインの安彦良和、メカニカルデザインの大河原邦男、そして、ファイブスター物語で有名な永野護がデザインワークスを担当しているという、なんという豪華さ!!放送当時のことはよくわかりませんが、今ではすごく有名な人ばかりです。


 


 まあ、前説はこれくらいにして、機動戦士Zガンダムの感想を。


 まず、OPでシルエットだけですが、Zガンダムが登場してるところがありますが、何しろ角が無い!!


 正直言って何じゃこりゃあと思いました。あのまま、シルエットのと同じのがアニメに登場していてたら、とっくに、機動戦士ガンダムのシリーズは終わってたかもしれないというぐらいの衝撃がありました。


 次に、1、2話目で、カミーユジェリドを暴行して、逮捕された後、脱走をして、ガンダムMk?を強奪するって・・・、あんた、それはただの恨み深いだけの気の短い少年っていう印象がありました。そのあとのコロニー外に脱出するシーンは、機動戦士ガンダムSEED DESTINYでもなんか似たようなシーンがあったような気がしました。これらをひっくるめて、結局のところ、機動戦士Zガンダムはすごくガンダムらしい作品だなあと思いました。機動戦士ガンダムSEED、SEED DESTINYはなんか、マクロスの要素が少し入ってて、面白いことには面白いけど、古くから機動戦士ガンダムのアニメを見ている私には、ガンダムとしてはどうかなあと思います。


 


 アニメを見終わったあと、機動戦士Zガンダムの興奮から冷めれなくて、そのまま、PS2専用ソフト『機動戦士Zガンダム ガンダムVSZガンダム』で、ガンダムMk?(カミーユ)VSガンダムMk?(カクリコン)を弟(次男)と一緒に再現してみました。結果は、1勝2敗。全然駄目でした・・・


 


 アニメ『機動戦士Zガンダム』の評価


 


 満足度 ☆☆☆☆☆


 スタッフの豪華さ ☆☆☆☆


 映画『機動戦士Zガンダム』に対する期待 ☆☆☆☆☆


 


 


 名探偵コナンより地震。


 


 昨日、名探偵コナンの評価を書くといって、今日の朝方にあった、スマトラ沖の地震のことについて日記に書く、蔵間マリコです。


 今日は、今、上で言ったとおり、スマトラ沖地震について語りたいと思います。私、蔵間マリコは、数年前にあった、芸予地震以前は、地震に対してそれほどの危機感は感じませんでした。しかし、芸予地震があったおかげで、私もかなりの危機感を持ちました。でも、最近、去年のスマトラ沖地震、今年の福岡の地震、そして、今回あった、2回目のスマトラ沖地震で、なんか、世界でなんか大変なことが起こってるのかなあと思いました。なんか、地殻変動が起こって、さいとうたかおの『サバイバル』(地殻変動が起きて、世界が氷河期になる漫画。)みたいになってほしくないし、最近のネタでいくと、長谷川裕一の『無人惑星サヴァイヴ』(NHKであったアニメ)みたいに、地球から離れて、コロニーで生活をしないといけなくなるとか、そういう未来が来てほしくは無いなあと思います(多分、将来、宇宙で生活するような未来は来るかもしれないけど。)。


 ちなみに、私の専門学校の科目を担当している先生は、阪神大震災の被害にあったことがあり、その逸話で、なんか、自分の住んでいるアパートの隣のビルが横に倒れていたり、ビルが道を防いでたりと、なんかすごく大変だったらしいです。その話が終わったあと、私は、「先生、絶体絶命都市(大地震の被災地に救助活動するゲーム)した事ありますか?」と、質問したところ、先生は、「いや、怖くてしたことが無い」と言いました。


 地震を防ぐ手立てでもあればなー・・・


 


 


 昨日は、親戚の家に言ってたので日記はかけませんでした。


 


 久しぶりに日記を書いている、蔵間マリコです。今日は、昨日あった、『お待たせッ!両さんもそろって大興奮!桜満開アニメスペシャル!!』の『こち亀60分SP』の感想と評価を言います。


 


 最初にあった、ちびまる子ちゃんサザエさん、それとワンピースのSPは、興味外だったので、ほとんど流しで見ていたので、感想はここでは述べません。それより自分は、何ヶ月ぶりかにあった、こち亀SPを見ました。私は、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は結構好きで、週間少年ジャンプの中で唯一読む漫画です(というより、他の漫画はついていけないので読んでいない)。一時は、こち亀の単行本を何十冊か所持していました。今は、購入していませんが、結構好きです。それで、昨日あったこち亀SPの感想ははっきりって、「さとう玉緒うざい」と思いました。わざわざアニメの中まで、ぶりっ子ぶったようなネコをかぶったような声でしゃべるのはやめてほしいなあと思いました。でも、まあ、それ以外は基本的によかったと思います。


こち亀SPでは、もうおなじみの海パン刑事ドルフィン刑事月光刑事もかなり懐かしかったし、こち亀の特徴のひとつの、なんかの大きな大会に参加して、めちゃくちゃになるところがよかったと思います。


平成教育予備校がさっさと終わって、またこち亀が始まってほしいです。


 明日あたりは、名探偵コナンの映画の感想でも書くか・・・


 


 こち亀SPの評価


 


 満足度 ☆☆☆☆


 アニメがまた復活してほしい期待 ☆☆☆☆


 さとう玉緒のうざさ ☆☆☆☆☆


 


 


 3年B組、金八せーんせーい!!


 


 昨日、3年B組金八先生を見ました、蔵間マリコです。


 今日は、昨日見た、3年B組金八先生~涙の卒業式スペシャルの感想を言いたいと思います。


 今回の金八先生は、今まで以上のシリーズよりすごいらしく、とくに、しゅう八乙女光)がとくに問題児で、母親から虐待を受けたり、友達の崇史がそのことを金八先生に報告したせいで絶交されて、自殺未遂までに追い詰められるところもすごいけど、それよりすごいのは、その自殺未遂させてしまったことから、現実逃避するために、ドラッグに手を染めてしまうところがすごく悲しかったです。まあ、それが大体の内容で、今週あったのは最終回でした。


 そして、今回あった金八先生の最終回スペシャルを見て、なんか全然駄目だと思いました。


 なぜ、そのような理由を言ったかというと、まず、4時間スペシャルにする意味がなかったと思います。


最初の1時間はダイジェストでいままでの話の内容を解説ところまでは許せましたが、本編が始まって卒業式がなんか長々しくあっただけで、しかも、卒業式が終わったあとの金八先生の生徒一人一人に一文字を書いた手紙を渡すシーンとかは、なんか時間稼ぎにしか見ませんでした。


 それと、金八先生が前回まで、自分のせいで、しゅうがドラッグに溺れたと思って、自責の念にとらわれて、教師を辞めるといっていたけど、結局、辞めなかったし、なんか中途半端に感じた話でした。


 でも、しゅうを演じる、八乙女光さんの演技はすごかったなと思います。とくに、何話めかは忘れたけど、


しゅうがドラッグの影響で、幻聴や幻覚をみたり、床にこぼした水をなめるという、迫真の演技がすごかったです。


 将来、杉田かおる上戸彩みたいに、期待される人になってほしいです。


 


 3年B組金八先生の評価


 


 満足度 ☆☆☆


 武田鉄矢の演技力 ☆☆☆☆


 しゅうの演技力 ☆☆☆☆☆


このページのトップヘ