続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。


 ホント眠~い。


 


 寝起きすぐのブログは思考が働かなくて、滅茶苦茶な事を書いてるかもしれません。


 帰宅直後爆睡をした蔵間マリコです。


 冬休みが終えて、既に五日。まだまだ正月ボケから解消されてません。その証拠に家に帰った直後、コタツで爆睡をしてしまいました。確かに今日は午前中から内定取るためにハローワークに行ってましたからね。


 しかし、ホントなかなかいい職が見つかりません。条件が合わなかったり、自分の能力では不適応だったりと。最近景気がいいのに本当に困ったもんです。


 


 そういえば、以前に『くじびきアンバランス』の小説を買おうとして売り切れだったって言う話をしましたよね。数日前にやっと全巻買えました。例の本屋には、全巻売り切れって言うのに地元の小さな本屋では全巻売ってるって、なんか妙だな。


 


 くじびきアンバランスと言う小説は、漫画『げんしけん』の劇中出てくる漫画で、言わば何処の少年漫画雑誌には一つはある漫画のことである。本来は話の脇を固めるはずの存在なのだが、思ったより人気が博したらしくOVA化された後に、小説版として登場したものらしい。私も、このくじびきアンバランスは実際の少年漫画雑誌でありそうな設定、非常に個性的なキャラクターが魅力的だと思う。


 まあ個人的な話はこれぐらいまでにして、とりあえず物語のあらすじと感想を例の如く書くッす。


 


 物語のあらすじはこう言うもの(ていうか小説の裏のあらすじを書いただけだが。)。


 


 生まれてこの方くじ運に見放されていた榎本千尋はこの春無事立橋院高校に合格。


しかしこの学校は入学試験をはじめ、大事なことはすべて「くじびき」で解決するのが唯一無二のルールという不思議なところ。入学した日、千尋は図書館で出会った女の子に一目惚れしてしまう。彼女の名前は秋山時乃、時期生徒会会長候補。


 くじびきによって千尋は次期書記候補として時乃とともに次期生徒会執行部となるために戦っていくことに!?幾多のライバル候補を倒して栄冠を勝ち取れるか?


 そして恋の行方どころか、さらなる運命の出会いが千尋を待っていた?


 


 あらすじはこんな感じだな。でも、くじびきで合否を決める学校が実際にあるらしい(小学校だが。)。実際にこんな学校があるとは意外だ。


 


 で、肝心のこの小説の感想はというと漫画やアニメで語られている部分は面白いけど、それ以外はイマイチだったなという印象を感じた。


 笑えるところといえば、げんしけんのコラムやアニメでも語られていた、くじびきアンバランスの1話目の上石神井蓮子との料理対決なんかが良かったな。ある程度話の下地が見えている分、同時に読むと笑える。一話目では語られていない勝敗が決した後、蓮子がショックのあまり幼児に退行化するところなんかが。


 「どんぐり山・・・・・・うさぎ・・・・・・遠足・・・・・・おトイレ・・・・・・。せんせーせんせー。どこー?あのねー蓮子たんねー。せんせーどこー」ってね(笑)。


 


 それともう一つ、漫画やアニメじゃあそれほど語られていない、登場人物の人物像がはっきりしていた所が読み手側としては良かった。


 漫画だと1度しか登場していないリサ・ハンビーや、謎のインド人(?)アイラワティ・チャカワルティの人物像、漫画では「くっついてる!!くっついてる!!」のへるなんですがどういう人物なのかがはっきりと分かった。これで、いっそうげんしけんが楽しめる。でも、最近はくじびきアンバランスの話題が出てないけどね(笑)。


 


 しかし、漫画やアニメ以外の部分はというと、今ひとつと言う感じは拭えなかった。特に2巻で出てくる、小説版くじびきアンバランスのオリジナルキャラクター、フランシスカなんかが。


 去年の生徒会会長争い負け、その勝負中に卑怯な手段使っために学校を退学させられた。そしてその雪辱を晴らすため、突然立橋院高校に現れ高校を占拠してしまう。


 なんていうか、そういうオリジナルストーリーを作るのは構わないけど、話の幅を広げすぎない方がいいと思う。下手すりゃあ、魔法先生ネギみたいになるんだから。でもあっちは明らかに狙ったような展開をするから嫌いだがね。ハハハハ・・・


 


 くじびきアンバランスは個人的に好きな作品だ。しかし、それ単体で読むとなると少し考え物になる。あくまでも、くじびきアンバランスげんしけんのオプションとして読むべきだと思う。買うならぜひげんしけんと一緒に買おう!!


 ちなみに私の好きなキャラクターは、朝霧小牧と妹の小雪かな?


 


 小説 くじびきアンバランスの評価


 


 満足度 ☆☆☆


 ラブコメ度 ☆☆☆


 バトル度 ☆☆☆


 


 補足


 今回のブログは、本来昨日投稿するはずのブログでした。


 しかし、作者の都合により1日遅れました。


 そのため、前文の内容がおかしいと思った人が大勢いるかもしれません。


 誠に申し訳ありません。


 


 


今日のお題

歴史上の人物の中で、会ってみたい人はいますか?また、会ってどんな話をしたいですか?(アイデア提供:mogu27さん)







 199X年、世界は核の炎につつまれた!!


 海は枯れ、地は裂け・・・・・・・・・・・・


 あらゆる生命体が絶滅したかにみえた・・・・・・・・・・・・


 だが、人類は死滅していなかった!!


 


 というわけで、私の会いたい歴史上の人物は1935年の上海に行って、霞拳志郎に(北斗の拳では、コウリュウと言うおっさん。)会いたいッす!!北斗の拳と関係ない?そう言うツッコミはしない!!蒼天の拳だって北斗の拳のプレストーリーなんだから文句を言わない!!


 それともうひとつ。歴史上の人物と関係ないと言わないでくれ。一応、北斗神拳蒋介石とかヒットラーも関係あるんだから。


 


 まあとりあえず、霞拳志郎青幇(上海マフィア)のおごりで上海蟹の老酒漬でも食べながらなんか話をしたい。霞拳志郎が今まで戦ってきた強敵(とも)である、北斗孫家拳の使い手である霊王や、北斗曹家拳の伝承者張太炎蒼天の拳ラオウとも言える劉宗武との死闘を聞きたいな。


それとなぜ、そこまで多くの哀しみを背負ったわけでもないのに、無想転生が使えるようになったかということを(未遂だが。)。今までは、ケンシロウラオウしか無想転生が使えなかったのに、霞拳志郎が使えるようになったおかげで無想転生の価値が大暴落したと思うのは私だけか?


 


 そして私が霞拳志郎に対して話したいことは、霞拳志郎の甥(父は、リュウケンこと、霞羅門。)であるケンシロウの話かな?しかし、199X年に世界が核の炎につつまれるなんて霞拳志郎どころか青幇も信じてくれないだろう。だから信用してもらうために、霞拳志郎に出会う手土産として北斗の拳の単行本全巻を持って行くだろう。ま、どっちかというと希望の目録の方が嬉しいだろうけど(笑)。


 


 それと蛇足だが、ゲームセンターにある格ゲー『北斗の拳』の対人戦のハートの倒し方を教えて欲しい。漫画だとあんなに弱い敵なのにこのゲームだと要塞といわれているほど強いから。一度でいいからひでぶと言わせたい。北斗神拳の伝承者である、霞拳志郎なら何か知っているだろう。


 筋違い?やはりそういうことはケンシロウに聞くべきか・・・。ケンシロウも一応、歴史上の人物扱いだから聞いたら分かると思う(北斗の拳自体過去形なので。)。ラオウに聞いたら100パーセント殺されるだろう・・・


 


 ていうわけで、私の出会いたい人物は霞拳志郎です!!


 このブログの読者の諸君は、どんなの人物に出会いたのだろうか。


 何か意見があったら書いて欲しい。


 


 


 今日からまた学校なのに・・・


 


 腰が痛すぎて、ブログを書くのが精一杯な蔵間マリコです。


 マジで痛いです!!ホント痛いです!!腰がなんか筋張ったような感じで猫背にならないと本当に痛いです!!数日前から少し痛かったんですけど、そこまで気にはしてなかったんですよ。


 でも昨日、ベッドの上でパワポケ8を寝ながらしていて、横にごろんと転んだ時、突然全身を刺すような激痛が!!パワポケ8どころではなく、ベッドの上を転げまわりました。そのおかげで、ボタンの押し間違えで地雷を(それどころではないが。)・・・。エリア40以上進んでいたのに・・・


 湿布とかもつけてさっさと寝たんですけど、今日は昨日以上に痛かったッす。昨日の腰痛が悪化したのかな?今まで何度となく腰痛はあったんですけど、そこまでも痛くなかったんですけどねどうしてこういうことになったのやら・・・


 


 腰痛になった原因は、横で寝転がった時に筋を痛めたのが理由だが、たぶん他にもそれに繋がる理由が2つほど思い当たる節がある。


 一つは、運動不足だろう。普段は、学校に行ったり本を買う以外には外に出ないから、腰が弱ったのだと私は思う。


 もう一つは、パソコンが原因じゃないかと思う。私の通う専門学校では、プログラム言語をはじめ、SHADEなどデスクワークが非常に多い。家でももちろん勉強しているから尚更のことだ。さらに、CURURUブログを結構な割合で書いているので非常にパソコンに向かっている時間が長い。さすがに、MMO廃人ほどはパソコンに向かっていないが(笑)・・・


 とにかく原因の一端は、CURURUにある(笑)!!CURURU、犯人はあんただ(笑)!!


 


 結局、痛さのあまりに3時限目が終了後、早退をしました。


 ホント、就職活動とかあるのにコレでは思いやられる・・・


 


 


 世間では成人式、成人式って言っても・・・


 


 成人式ってどういう意味がよく分からない蔵間マリコです(嘘)。


 今日は、成人式ですか。私も、「20歳だから成人式に行こうかなあ。」って思ったんですけど、中学校別に申し込まないといけないと聞いてどうも行く気になりませんでした。


 こういう人の多いところにわざわざ行くのが好きじゃないと言うのも理由なんですけど、最大の理由はやはり、「中学生の頃に良い思い出が無い。」ていうのが最大の理由かな?


 


 私はどうも学校と言うものが好きじゃないんです。虐めに遭ったり、先生からも疎まれたりしてたりとどうも周りが敵だらけだったからな。まあ、自分もスーパー特殊能力並のトラブルメーカーって言うのも原因なんだけどね。


 しかし、中学校はもうホント最悪!!虐められることなんて当たり前。酷い時なんかは、財布を盗まれたり、ナイフを突きつけられて脅されたりと、非常に学校の環境が悪かったんですよ(私以外にも、虐められていた人は多かった。)。しかも、そういう事件沙汰が起きたにも関わらず、先生は警察とかに報告しない。こんな駄目な教師がいるから、生徒も駄目になるんだよといまさらながら思う。


 そんな酷い環境だったから、授業をエスケープしたり(私もそうだが。)、不登校になった人が続出。どうして、小学校、高校は酷い学校があることはあまり無いのに、中学校に限って危ない学校が多いのやら(私の通っていた中学校付近の学校もあまり環境が良くなかった。私の通っていた中学校ほどではなかったらしいが。)。


 


 ま、これが成人式に行かなかった理由かな?別に成人式に行かなくてもいいんだから。行ったとしてもいびられたり、酔った奴とかにからまれそうだしな。TVでも、よく報道されるよな。特に、沖縄とかが。20歳になったんだからもうちょっと立場をわきまえるとか考えて欲しい。


 俺の愚痴以上!!


 


 そういえば、話に成人式があったりする漫画ってなんかありますか?私ゃあ、そんな漫画知りません。


 


 


 昨日のことは無かった事にして・・・


 


 とらのあな突撃ルポを自分の中では黒歴史にしたい蔵間マリコです。


 ホント、昨日は相当いびられましたよ。ついつい油断して机の中に隠していた、とらのあなの袋が見つけられて大変な目に遭いましたよ。芋づる式にばれちゃって、フィギュアもトレカも見つかってしまいました。普段なら絶対にばれないはずの一番下の棚のさらに下の部分に隠してたんだけどな~。恐らく、弟は昨日マインドスキャンできる日だったんだ。絶対にそうだ!!


 とらの穴に行ったことがばれた私は、弟達に「オタクだ、オタク」とか「ついにマニアになったか。」とかいわれてもう散々な目にあっちゃいました。とかいって、弟もひぐらしの鳴く頃古手梨花のフィギュアのスカートをめくった部分のパンツを見てたりして。まさに笹原。やっぱり弟もHOBBYJAPANで公開されてない部分は気になるのね。


 


 話は変わって昨日、同じくとらのあなで買ったごくごく健全なファンタジーアドベンチャー漫画『ブレイブ・ストーリー~新説~』を読みました。そこそこ面白かったのでちょっと今回はそのことに関しての話をしたいと思います。


 


 このブレイブ・ストーリー~新説~という漫画は、『模倣犯』や『クロス・ファイア』などのサスペンス小説で有名な宮部みゆきが描いた異色作をベースに小野洋一郎がアレンジした作品である。


 俺は、宮部みゆきの小説は読まないが、母は宮部みゆきの作品が好きである。しかし、ブレイブ・ストーリーだけは読んだことがないらしい。どうやら、ファンタジー物が好きではないらしい。あと、SFもダメっぽい。どっちかというと、時代劇物が好きらしい。


 でも、宮部みゆきはサイキッカーが出てくる小説は多いのでは?それなのに、時代劇物に出てくる、怨霊とかは大丈夫らしい。不思議だ。


 そして俺はどうしてこの漫画を買ったかというと、気になっていたと言うのもあったが、「この機会だから宮部みゆきの作品に触れてみよう」というのが理由である。


 


 ストーリーはどのようなものかと言うと、


 


 この世界には現実世界と幻界(ヴィジョン)と呼ばれる二つの世界がある。そのヴィジョンには、旅人と呼ばれる選ばれた者だけが行くことが出来る。そのヴィジョンに召喚された旅人は、どんな願い事でも一つかなえられると言われる運命の女神が住む、運命の塔を目指す。その運命の塔に行くには、旅人が見つけた玉と呼ばれる力を増幅させるオーブを5つ集めなければならない。


 そしてこの物語は、家族の絆を取り戻すために旅人となった見習い勇者、三谷亘の物語でもある・・・


 


 あらすじを大まかに言うとこんな感じであろう。


 


 世界観は、ワタル(何戦士だっけ?)とRAVEを割って2って言う感じかな?要は、現実世界とは別にもう一つの世界があり、その世界ではモンスターや亜人種が多々存在し、魔法や剣で戦う漫画。


 なんていうか、宮部みの作品では異色作とは言われてるけど、ファンタジー物が大好きな私には結構無難な作品のような気がする。現実世界とは別にもう一つの世界があるっていう設定とか世界観がすっごく無難。面白いんだけど、ものすごく面白いと言うほどでもない。キメラみたいに(最近マンネリ気味だが。)、王道だがキマイラと言う存在とバイオレンス展開で独特の味を出してるし。


 確かにこの漫画にも女神教老神教という二つの宗教がぶつかって、戦争が起きるって言うファンタジーらしい要素はあるんだけど、どこかで聞いたことがあるような展開としか思えない。ネバーエンディングストーリーの虚無みたいな現象とか起きてるし。ちょっとネタが古かったかな?


 


 でも、のライバルである美鶴の過去なんかは宮部みゆきらしい設定だった(どんなものかは知らないが。)。


 4年前、美鶴と妹の美鳥が学校に行っている間に美鶴の母が不倫をしてしまい、その現場を美鶴の父が見てしまい、殺人事件に発展してしまう。そして、美鶴より一足早く家に帰宅した美鳥美鶴の父に出くわし、美鳥は殺されてしまう。美鶴はその運命を変え、美鳥を蘇らせるために旅人となる。


 いかにも、得意ジャンルがサスペンス物の宮部みゆきっぽい設定である(しつこいが、宮部みゆの小説を読んだ事はないが。)。そこら辺のキャラクター設定は見事だと思う。


 


 良作とは言うわけではないが、駄作ともいえない。そこそこ面白い作品、それがブレイブ・ストーリー~新説~である。やはり、得意ジャンルから離れた作品を作るとあまりうまく行かない例だと思う。キャラクター設定は見事だが。


 まあこれから先、宮部みゆきの作品を読むとしたらレビューしたいと思う。


 


 ブレイブ・ストーリー~新説~の評価


 


 満足度 ☆☆☆


 ファンタジー度 ☆☆☆(ベタベタだが。)


 宮部みゆき度 ☆☆☆(原作読んだことありません。)


 


このページのトップヘ