パラレルパラダイス001

 たんの新連載キター!!

 ホームを移しても、今までと同じく応援する蔵間マリコです。
 さてさて今回から始まりますよー。純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ『エルフェンリート』の作者、岡本倫先生の新連載漫画『パラレルパラダイス』を。
 ついに始まりましたね、たんの新作が!!週刊ヤングジャンプから週刊ヤングマガジンに移籍し、新たな雰囲気になれるかどうか少し不安な部分なんかもありますけど、それ以上にヤンマガ読者に倫たんの漫画の魅力を知ってもらうチャンスだと自分は非常に前向きに考えております。きっとたんならば、ヤンマガの強力連載陣に引けを取らぬ漫画を描いてくれるはずですから。そして、ノベライズ版・アニメ版・ゲーム版とマルチメディア展開をしてくれるはず!!ぐふふふ……。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレ岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 

 パラレルパラダイス記念すべき第1話、やはり最高の1話でしたねえ。エルフェンリートとも、ノノノノとも、極黒のブリュンヒルデとも、君は淫らな僕の女王とも違う切り口。それにいつもぶっ飛んだノリは当然として、非常に次回が気になる引きも健在。いかにも、たんらしい1話目だったな。あああ、たんの漫画が読めるって、とっても幸せ!!
 まずは、主人公の太多陽太について。相変わらず○う太縛り(横槍メンゴ先生との合作のきみだらを除く)なのは相変わらずですけど、性格も今までとはかなり違いますねえ。なんていうか、少し軽いというか、チャらいというか、なんかイマイチ真剣じゃないというか。ただ、こういう性格だからこそ、成長の伸び代がありそうだ。
 しかし、陽太のごく当たり前の日常生活が突然終わりを告げる。何者かに連れ去られた先の世界、そこは中世風の城、二つの月、そしてドラゴンと思わしき怪物が跋扈する世界。いや~、これを求めていたんですよね!!たんの漫画での怪物というと、ドラシルとかロキとかみたいなのがいるけど、造形的にイマイチなものが多かった。でも、今回はしっかりとファンタジーの怪物を勉強してそれを形にしてくれた。これほどに嬉しい成長はないよ!!
 そんな右も左も分からない陽太が出会ったのが、ヒロインの聖騎士のルーミ。勿論、倫たんの漫画のヒロインだから普通のことはしないが、想像以上のものだった。何故ならば、陽太に触れただけで、股間からバルトリン腺液がドバドバ。たんの漫画ではバルトリン腺液の洪水はお約束ですけど、まさかいきなりバルトリン腺液で攻めていくとは……。しかも、それを舐めちゃうからねえ……。ルーミちゃんのバルトリン腺液、何円で売ってくれますか?
 そして、ルーミの相棒の肩に乗る鷹鳥小鳥のような神様、ジーニアスも負けず劣らず。見た目が明らかにいい加減な感じが緩いんだけど、言っていることがなかなかと酷い。ルーミが感じちゃっているのを欲情の泉って何よ!?アナルショップ先輩とか、性器代とかパワーワードがちょくちょく出るけど、なかなかと強烈だな。女性がお漏らししていたら、欲情の泉って言おうかな?
 とまあ、お馬鹿なやり取りはともかく、早速怪物のリザードと遭遇交戦。これについては、10ページ以内に収め、それでいながらもリザードの凶暴性、陽太の剣道の実力、そしてルーミの剣術といったものを簡単にまとめている。こういうテンポの良さがいかにもたんらしい。
 リザードを撃退した陽太とルーミ、しかしこれで終わらないのがたん。いきなりルーミに押し倒され、陽太に交尾をしろと促すジーニアス。深刻さやシリアスさが全くないけど、何かこれから起こりそうな引き。そのまま旅に行こう的な展開だったら在り来たりだからねえ、この引きはなかなかと興味津々だ。

 1話目からぶっ飛んだ展開が繰り広げられるパラレルパラダイス
 この調子だと、次回も想像以上の展開と面白さになりそうだな。でも、次回のヤンマガの発売日は再来週の月曜日だから注意しないとね。

 パラレルパラダイス1話目の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 ファンタジー度 ☆☆☆☆
 チートエロ度 ☆☆☆☆☆