続・黒のノエル

純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。

2006年11月

 


 ポロロッカ逆流現象については、こちらへ。


 新ダンクーガについては、こちらへ。


 


 ダンクーガのアニメを借りました。蔵間マリコです。


 前回、新ダンクーガのアニメの件について話していたんですけど、今回は旧ダンクーガの話。


 


 新ダンクーガに対して、一抹の不安を感じた私は、旧ダンクーガがどのようなアニメだったのか確認するためにバイトを終えた後、TSUTAYAでに向かった。このとき、1巻から10巻まで1巻も借りられていないことに不安を感じたが、とりあえずタダ券があったので1巻と2巻を借りた。このときの予感が的中するとは、知らずに・・・


 


 とりあえず、ダンクーガを見てみた。


 ダンクーガがどのようなアニメかというと、『突如、宇宙から襲来したムゲ・ゾルバドス帝国の侵略を防ぐために、「やってやるぜ!!」の人(笑)とその仲間たち獣戦機隊が獣戦機メカに乗って戦うロボット(?)アニメ。』といった感じ。なんか、戦隊物っぽいロボットアニメの解説ですが、正に戦隊物そのもの。単に、変身して戦闘員とか戦うのがなくて、代わりに獣戦機メカでそれを再現するアニメになっている。獣戦機隊の隊員も色に合わせれれるし(「やってやるぜ!!」の人がレッド、沙羅がピンク、雅人がイエロー、がブルー。ちなみに、アランはブラックだろう。)。


 ただ、そのコンセプトは良いんだけどさ、問題は「やってやるぜ!!」の人達が乗る獣戦機メカ。なにしろ、序盤は人型のロボットが登場せずに、鷹に模した戦闘機や、豹や虎、マンモスに変形する戦車が敵の戦闘機やロボットに攻撃を仕掛けるのは、格好が悪くて頂けない。ていうか、まだダンクーガが登場していないぞ!!OPでは、シルエットが登場しているのに。


 噂では、2クール目に登場するらしいが、それじゃあ遅すぎる。スパロボから入ったユーザーは、騙された気分だ。


 


 それと、話の流れがあんまり良いとは思えない。


 軍人とはいえ、やたらと訓練しているし、面と向かって会話をしているシーンがやたらと少ない。と思えば、戦闘シーンは話が展開もしないのに無意味にダラダラとしているし。そのせいか、一話一話の展開が殆どといって無い(しかも、出てくる敵もムゲ戦闘機ゼイファーばっかりでメリハリが無いし。)。


 それなのにキャラクターがやたらと暑苦しい。おかげで、ドン引きというほどでも無いけど、視聴者は冷めるな。ここまで温度差の激しい(アニメと視聴者。)アニメを見たのは初めてだ。


 


 ネットとかで、ダンクーガの評価が低いのをよく聞くが、同感である。


 もっと早い段階でダンクーガが登場したら、敵のバリエーションが豊富だったら、話にメリハリがあったら結構いい作品になったと思うけど、それらがクリアされていないから凡作の烙印を押されたのも仕方が無い。次巻から、借りようか非常に悩んでいる。


 


 多分、新ダンクーガもこの調子じゃあこけるな。


 


 超獣機神ダンクーガの評価


 


 満足度 ☆☆


 ロボット度 ☆


 戦隊物度 ☆☆☆☆


 


 


  やってやるぜ!!


 


 HOBBYJAPANでダンクーガの記事で噴き出した蔵間マリコです。


 昨日、HOBBYJAPANのとある記事で、大騒ぎになりました。


 


 どうして騒いだって?その問題の内容がコレ


 新しくダンクーガが作り直されるというのは分かっていたけど、いくらなんでもコレはマズイと思うよ。ダンクーガといえば、全体的に渋めのキャラクターと機体が特徴的なのに、現代風にアレンジしていて軽すぎるような・・・。ていうか、そもそもコンセプトが問題のような気が・・・。


 キャラクターに関してもそう。ダンクーガのパイロットは本来、男性3人、女性1人だったのが、男性2人に対し、女性2人って明らかに現代のアニメの影響を受けすぎだって!!。もしかして、雅人が女性化したの(笑)!?しかも、他のキャラクターのキャストにF・S(CV・矢尾一樹)というキャラクターがいるんですけど。明らかに、「やってやるぜ!!」の人じゃん(笑)!!


 


 自分もつい最近、スパロボダンクーガを知ったのだが、「強いのは良いんだけど、話的に非常に微妙だな~。」と感じた。なにしろ、「やってやるぜ!!」の人が印象が強すぎて、他のキャラクターの台詞なんて全然覚えていないし、敵もムゲシャピロデスガイヤー以外に記憶が無いほど影が薄かったし(しかも、シャピロの声優が若本だからキャラクター的に合わないし。)。


 ダンクーガ自体(又は、ファイナルダンクーガ。)は良いんだけど、全体的に微妙。コレを新しく作ってもなあ・・・。コレ、絶対にこけるだろ。


 


 まあ、ダンクーガの新アニメのことはこれまでにして、ちょっと面白い考察を考えてみた。


 ダンクーガのパイロットをZZのキャラクターに置き換えてたらどうなるのだろうか?理由は、言うまでもなく「やってやるぜ!!」が理由である(笑)。アニメは、見たことが無いからなんとも言えないんだけど声とビジュアル面で置き換えるとこうかな?


 


 「やってやるぜ!!」の人 = ジュドー・アーシタ


 沙羅 = エル・ビアンノ


  = ビーチャ・オーレグ?


 雅人 = イーノ・アッバーブ


 


 こんな感じかな?


 亮以外は、全員声がZZのキャラクターと同じだし、役割的にも近いしね。馬鹿馬鹿しいけど、なんか妙にはまっているか不思議である。ちなみにファイナルダンクーガの場合、アランが加わるが、自分の中ではグレミー・トトになっている(笑)。単に、ビジュアル面が似ているからという理由だけどね。


 


 どちらにしろ、新ダンクーガに関しては一抹の不安を感じる・・・


 


 


icon 中原岬のお題

もし島を1つプレゼントされたら、あなたはその島をどうしますか?(アイデア提供:かめちんさん)








 


 俺も少し前まで島を持っていたぞ。


 昔、yahoo!!のオークションで買ったんだけどね、ITバブルが弾けて会社が倒産してしまい、借金を返すために島を抵当に出さないといけなくなったんだよ。その上、お金がなくなった途端に一家離散・・・。生きる希望を失って、私は人生最後の思い出にと、ネットで出会った医大生やいじめられっこの中学生や婚約前の少しラリっている女性やひきこもりの男性と一緒に、その島に行ったんだよ。何故って?


 それは、この世とオサラバするために・・・


 


 冗談ですよ、冗談。とある漫画のネタを借りただけだよ。


 それはともかく、そろそろ本題に入りたいと思います。


 


 自分がもし島を一つプレゼントされたら、プライベートビーチとして扱ったり、自分の城にするのも良いんだけど、やっぱり売るかな?


 島を貰ったとしても、一人じゃ扱いきれないだろうし、どうせ数日で飽きるんだろうから、すぐに売り出すのが吉。その売ったお金で、人生を悠々自適にすごした方が良いと思うぞ。買いたいものがいくらでも買えるからね。PCに、ガンプラ、ゲーム、アニメのDVD、漫画・・・。ありとあらゆる物が、俺に集まる!!とは言っても、欲しいものが趣味ばかりだけど(笑)。


 どっちにしろ、私が島を貰ったら絶対にオークションに出して売ると思うな。


 


 でも、売るっていうのも結構引くものだな。プレゼントされたものを売るというのは、最低だから。まあ、こういうことはそのときになってみないと分からないと思うよ。


 


 本当に、島をプレゼントしてくれる人なんていないと思うけど(笑)。


 


 




 


 風邪をひいているのに、絵を描く余裕があるのか!?


 


 バイトの研修日前日なのに、見事に風邪をひいてしまいました。蔵間マリコです。


 またまた、風邪をひいてしまいました。体が寒いわ、腹が痛いわ、吐き気がするわで本当にもう最悪だ。明日の午後から、新しく始めるバイトの研修があるなんて。毎度毎度タイミング悪く風邪をひくとは・・・。もうなんだかね、自分の不幸を呪いたいぐらい(涙)。どうせなら、研修が終わった後に風邪をひけばいいのに・・・


 


 で、風邪をひいているのにも関わらず、今週もエルフェンリートのイラストを描きました。


 今回は、オムツ女子高生・ノゾミを描いてみました。今まで、にゅうとかユカとかマユとかナナは、鉛筆で書いたことはあるんですけど、ノゾミだけは一度も書いたことが無いんですよ。


 別に嫌いなキャラと言う訳じゃあないんですけど、色々訳あって描いて無いんですよ。登場期間の割に、登場シーンがやたらと少なかったり、アニメには登場していないということもあるんですけど、何よりもそもそもロングヘアーをかくのが苦手だったりして。そんなことを言って練習しなかったら、いつまで経っても上手くならないから。この際だから練習してみました。


 


 それで実際にやってみたんですけど、難しいですね。


 髪がたなびいている向きとかも統一しないといけないし、髪の影を描くのがショートヘアーのキャラに比べて、非常に難しい。まあ、今回が初めて髪の影を書いてみましたけど。でも、髪とかに影を入れると髪に質量が感じられるようになって、結構立体的になったような。


 


 ただ、相変わらず目が上手くかけない。なんか今回も凝視しているような感じで、可笑しい。人形に睨み付けられている様で。仏作って、魂入れずと言うわけじゃあ無いんだけどね。次回は、目に力を入れてみるか。


 


 それにしても、まだ体力があるのかな、俺。


 


 


 な~んか、また使いづらくなったような・・・


 


 どっちかというと、リニューアル前のブログの方が使いやすかったと思う蔵間マリコです。


 ホント、リニューアルされるたびにCURURUって使いづらくなっていますよね。


 


 例えば、『本日のお題』から『今週のお題』に変更されたこと。今までは、ネタが枯渇した時に本日の御題を使うといった具合にネタ切れを防げたんですけど、今週のお題になってからお題を使うチャンスが週に1回しか無いという、ブロガー殺しとも思える改悪をしたと思う。本日のお題は、自分も多用していたのにな。


 ていうか、わざわざ1日1本だった割合が、週1にする必要がどこにあるのやら。下手すりゃあ、CURURU側の怠慢にしか思えない。


 


 2つ目に、ランキング機能がなくなったことかな?


 アレは、必要悪だったと思うよ。確かにランキング機能があったら、ランキングを上げるために不正をして、来客数を増やす人がいるだろう。しかし、普通に使っている人にとっては、そういう不正はしないだろうし、むしろブログを書く時の創作意欲にもなるような。ちゅーか、CURURU以外のブログは殆ど標準装備なんですが。


 なのに、時代の流れとは逆行しているとは。凄いぜ、まさにCURURUは時流への挑戦者だ(笑)!!


 


 それと、リニューアルとは少し違う物言いだが、ご意見投票箱はいくらなんでも酷い。わざわざCURURUの機能として作らずに、急造的にサークルで作っているから使い勝手が悪いな。最新に更新されたサークルの情報が、ご意見投票箱のばっかりになって他のサークルの情報が見れないし、CURURU側のいい加減さが分かる。


 どうせなら、他のところに投票箱を作ろう。メール形式とかで。


 


 まあ、なんだかんだ言って今回のリニューアルも改悪だな。デザインを変えるのはどうでも良いんだけど、機能を減らしたり使い勝手を悪くするのだけ早めて欲しかった。それを言うと、「だったらCURURUを使うなよ!!」とか言われそうなんだけどね。もう、1年以上使っているんだから仕方ないじゃないか。それに、私のブログを楽しみにしているブログ仲間とかがいるんだし。


 


 もうちょっと、慎重に機能とかを追加・変更した方がいいと思うよ。CURURUさん!!


 


このページのトップヘ