続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2007年02月

 


icon 獅子王凱のお題

寒い冬はこれで決まり!あなたがオススメする「冬の定番鍋」は何ですか?






 今回の御題は、『冬の定番鍋』。


 今年は、暖冬だったからあまり鍋を食べることはなかったけど、自分がオススメする鍋はキムチ鍋とちゃんこ鍋かな?前者のキムチ鍋は、元々、辛いものが好きだし、濃い目の味なんだけどしつこく無い味だから好きだね。かなり前に、キムチに虫が入っていた事件でキムチ鍋(というより、キムチ自体が。)が食べれなかった年があったけど、あの時は寂しい冬でしたよ~。今年とは違って、やけに寒い冬だったのに。どうせなら、今年も寒い冬で良かったよ。


 で、後者のちゃんこ鍋はいろんな具が入っているのが魅力だな。うちの家では、海老や牡蠣、鶏団子や魚団子とかが入りますね。他にも、ウィンナーやロールキャベツみたいに洋風料理の具が入ったりするんですよ。なんかちゃんこ鍋のちゃんこは『料理』という意味ですから、何でも入れてもいいんじゃないですかね。あっ、それと締めのラーメンなんかもいいねえ。いろんな具から出た出汁がちゃんこ鍋の味になっていて、奥深い味になってるんですよ。これなら、何杯でも食べれるって言う感じ。


 


 まあ、オススメの鍋はキムチ鍋とちゃんこ鍋なのだが、その鍋の話題でもうひとつ書きたいことがある。


 自分が、最近、働きだし始めたコンニャク会社の休憩室のコンロの上にある鍋料理が置いてある。会社のことを考えたら一発で分かるかもしれないが、その料理とはおでんである。しかも、タダのおでんではない。コンニャクとしらたきだけのコンニャクだけのおでんだ。


 何故、こんなものが置いてあるかというと、成型とか失敗して、商品にならないこんにゃくを廃棄処分をするのが勿体無くて、どうせ捨てるぐらいなら自分達で食べた方が言いやという事始まったらしい。確かに、それはいい心がけなのかもしれないけど、いくらなんでもコンニャクだけのおでんは厳しいぞ。自分も、コンニャクとしらたきを一個ずつもらったけど、口の中がこんにゃくまみれになって気持ちが悪かった。せめて、大根とかちくわとか卵ぐらいは・・・。欲を言うと、牛スジ。


 でも、社長はそのコンニャクだけのおでんをおかずにご飯を食っていたからな。確か、コンニャクを3枚ぐらいと、しらたきを4つぐらい食べていたような。なんか、見ているだけでもコンニャクアレルギーなりそう。仕事で、コンニャクばっか作っているというのに。社長には負けたよ。


 


 コンニャク会社で働いてから、2日目。今日は、休みだけど働き甲斐のある仕事で、職場も明るい雰囲気で楽しいよ。これで、腰の調子が悪くしなければ・・・


 


 


 なんかレビューの一覧になかったんですけど・・・


 


 甘~い声の女性ガンナーで頑張っています。蔵間マリコです。


 木曜日、弟が『モンスターハンターポータブル2nd』(以下、モンハー2nd。)を買いました。本来なら、モンハー2ndの感想を書きたかったんですけど、その日に発売したひぐらしのなく頃に祭のレビューを優先しましたからねえ。しかも、2日連続で。だから、モンハー2ndの話を書きそびれてたんですけど。だから、今日はモンハー2ndの駄文を書かせてもらいます。


 ちなみに、この話題はレビューのカテゴリーにあるけど、どっちかというとチラシの裏なので。ゲーム自体は、前作以上に面白い。それで、感想終わり。ここからは、どうでもいい話をする。


 


 最初に、前作の引き継いだキャラクターの件について。


 私は、前作モンスターハンターポータブルで『DARK』という女性ガンナーを使っていた。本当なら、『LUCY』とか『NANA』とか『MARIKO』とかエルフェンリートのキャラクターの名前を付けようとしたのだが、弟から大ブーイングを浴びた。PSPは共用だが、モンスターハンターポータブルは弟が買ったゲームだったので、流石にそんな名前を付けるのは駄目だということ。仕方なく、私は上記でも書いているDARKという名前にした。名前の由来には特に意味はなく、そのときピンと思いつた名前を付けたんだったかな?


 それで、そのDARKという女性ガンナーでゲームを進めていたのだが、あるクエストで行き詰った。それは、クエストLV5のディアブロス×2のクエストである。クエストLV5の時点で作れる最強のボーガンで何度も挑んだのだが、どうしてもクリアーできない。


 一匹目は楽勝なのだが、二匹目は弾が絶対的に足りない。ディアブロスに踏み潰される。時間が明らかに足りない。そりゃあ、他の武器で挑んだらクリアーできたのかもしれないが、ボーガンでゲームを進めるのは私のポリシーだ。他の武器は、訓練所ぐらいでしか使ったことが無いな。結局、100人以上のDARKの死体を作り上げて、モンスターハンターポータブルは挫折した。


 ちなみに、弟はそういう武器の縛りがなかったため、黒龍もちゃんと撃破してドラゴン系装備を揃えている。俺も、縛り無しでゲームを進めればよかったかな?


 


 懐古話が長すぎた。ここからは、モンハー2ndの話をする。


 モンスターハンターポータブルという村から追い出されたDARKは、モンハー2ndという新しい新しい村にたどり着いた。今度の村は、前にいた村に持っていた一部のアイテムを持っている。いや、前作に培ってきた技術もあるぞ。これで、スタートダッシュは前作に比べて速く進めるだろう。円滑にゲームが進めるぞ。私は、そう思った。


 その予感は、的中した。今の所、全くといっていいぐらい苦戦はしていない。前作、倒すのに1週間近く勝負を挑んだイヤンクックとの初対決は無傷で勝ったし、新モンスターのババゴンガも殆どダメージを受けずに撃破した。やはり、前作、苦労してゲームをしただけはある。無駄に技術だけはついている。まあ、村長クエストだしね。いくらなんでも前作のプレイヤーじゃなくても温いか。


 ただ、ボーガンという武器の性質上、どうも苦手な敵もいる。砂龍にはなかなかダメージが与えれなくて、一方的にダメージを受けることが多い。小回りの利く上、ボーガンに耐性を持つヤシガニも嫌いだ。ボスクラスのヤシガニはどうすればいいんだろうか。とてもじゃないが、勝てる気配がしない。小回りが利かないことは、前作と同じく改善されていない。もうちょっと、小回りの利くよう腕を磨きたい。


 


 今の所、村長クエストLV3なのだが、仕事が今日から始まったことだし、なかなか進める機会は無いかも。だけど、休日でもちょくちょくゲームを進めて、ハンターランクを稼ぎたいと思います。今度こそ、完全攻略するぞ!!


 それにしても、早く前作と同じメイドさんの格好に出来ないかなあ~。今装備しているのが、ショットボウガン・蒼と、頭以外(頭は、イーオスキャップ。)はゲネポスシリーズだからなあ。あんな無骨な装備じゃなくて、日本人男性の誰もが憧れる女性の服装にしたい。メイド服は、日本の文化ですから(笑)!!


 


 モンスターハンターポータブル2ndの評価


 


 満足度 ☆☆☆☆☆


 難易度 ☆☆(今のところは。)


 狩猟度 ☆☆☆☆(前作は龍ばっかに対して、今回はそれ以外を狩ることが多いので。)


 


 


 お持ちかえりぃ~っ!!


 


 今回の内容は、多くのネタバレを含みます。蔵間マリコです。


 昨日から、ひぐらしのなく頃に祭(以下、ひぐらし。)を始めたんですけど、物凄く面白いですね~!!原作や漫画も面白いんですけど、PS2版はPS2版で色々と魅力があります。前原圭一以外の登場人物は基本的にフルボイスだし、選択肢によって原作とは全く違う展開になりますからねえ。なんかこう新鮮味を感じます。


 元々、文章を読むことが好きですから、こうバリエーションが多いから何時になったら全編終了するか、分かりません。まあ、じっくり一編ずつ攻略していきますわ。


 


 で、ひぐらしの一週目はどうなったかというと、なんかよく分からないままに話が終わってしまったんですけど。自分の記憶を頼りに、原作、漫画を見ずに鬼隠し編を出そうとしたんですけど、なんか盥回し編が出てきました。


 前半の部分は2回目のケンタ君人形もとい、ランディ君人形(多分、名前が危なかったら変えたんだろう。)を掘り起こすところまでは鬼隠し編だと思ったんですけど、そこから先はなんか興宮のおもちゃ屋でのゲーム大会があったり、エンジェルモートで園崎詩音に出会って、なんか「これは、綿流し編かなあ~?」と思ったんですよ。


 かと思えば、竜宮レナと買い物をしている最中に、罪滅ぼし編に出てくる間宮リナ(個人的には、北条鉄平の次に嫌いなキャラです。なんかレナに対して、やたらと含みのある台詞を言うし。レナに頭かち割られて、死ねよ!!)が登場してくるし・・・。これは鬼隠し編なのか、綿流し編なのか、罪滅ぼし編なのか、よく分からないまま話が進んだ。


 


 そして、綿流しが終わり、「何編に突入するんだろう?」と思いつつ、文章を進めたのだが。すると、PS2版オリジナルの盥回し編が登場した。「盥回し?圭一が、奔走する話なのか?」と色々と想像しつつゲームをしていたのだが、何処かで見たことがあるような展開に・・・。園崎魅音に扮した、詩音圭一を電話で図書館に呼んで、富竹が殺害されたことを知らされたり、大石が尋問したりと・・・。終いにゃあ、園崎姉妹が行方不明になるし。なんか、綿流し編に近い展開なんですけど。


 園崎姉妹が行方不明になったのに、圭一は探さないのかと私は思ったのだが、探さないどころか怪死事件のことをきれいさっぱり忘れ、普段の生活に戻ることに・・・。オイオイ圭一君、本当にそれでいいのですか?だが、その報いは圭一達の身に降りかかる。


 


 結末と副題の意味は、皆さんの目で確かめて欲しいが、これだけは言える。


 「うやむやなうちに、物語が終わってしまった。」と。


 


 自分は、最初、「レビューをするんだし、原作・漫画・アニメと比較したいんだから、鬼隠し編をしたいな~。」と思ったんですが、盥回し編が出るとは・・・。所詮、私の記憶力もその程度というわけか。現在は、暇潰し編をしているけど、暇潰し編が終わったら、ひぐらしの醍醐味でもある鬼隠し編でも出してみるか。


 


 しかし、何時になったらオヤシロ様に出会えるのやら・・・


 


 ひぐらしのなく頃に祭の評価


 


 満足度 ☆☆☆☆


 ひぐらし度 ☆☆☆☆☆


 サスペンス度 ☆☆(今の所は。)


 



 



 ついに蔵間マリコは、2次元の暗黒面に堕ちたようだ・・・


 


 『ひぐらしのなく頃に祭』(以下、ひぐらし。)の限定版を買ってしまった蔵間マリコです。


 本当は、ついついじゃないんですけどね。数週間前、漫画を買うために某所に立ち寄ったんですが、その時ひぐらしの予約がしてたんですよ。最初は買う気がなかったんですが、なんか知らないうちに予約の申請書を店員に渡してました。しかも、限定版を。確かに、ひぐらしは漫画で読んでるし、原作もお試し版でしたこともあるけど、ついに買うことになるとは・・・。


 数ヶ月前では、こんなことは考えられん。もう末期としか思えない。


 


 で、上の写真は件のひぐらしの限定版と予約特典。


 下から反時計回りに行くと、まず一番下のは『れなぱんバルーン』。ぶっちゃけ、起き上がりこぶしなんだけど、レナのイラストが2種類描かれている。画像のは、表側のイラスト。ちなみに、裏側のイラストは・・・。


 レナぱんの右上にあるのが、金属バット型ボールペン『悟史のバット』。劇中、北条悟史前原圭一が使っていたバットをイメージしたものらしい。インクの色は赤。まあ、このバットの餌食になっている人が数名ほどいるからねえ。当然の言えば、当然か。


 で、ボールペンの上にあるのが特典トレカ。某所で予約をすると、もらえるものだ。他にも、何種類かあるしいけど、自分が貰えたのは詩音沙都子のイラストのテレカ。予約したら貰えるのは嬉しいんだけど、どうせならQUOカードのほうが・・・。携帯が一人一台のご時世なんだから、テレホンカードなんて使うこと無いぞ。


 そして、左にあるのがひぐらしの限定版。中身は、ゲームとサウンドトラックとブックレットとポストカードが入っていた。そういえばさ、ゲームとかのおまけや付録のポストカードを使う人っているの?使うの、絶対に勇気が要るだろ。実際に、ポストカードを送ってきた人なんか見たこと無いしね。


 


 なんか、PS2版ひぐらしの話題をしている人も少ないし、なんか前評判があまり良くなかったらしいけど、腐ってもひぐらし。ある程度の面白さは期待できるだろう。それに、原作・漫画・アニメと比較できるんだからね。そこが、ひぐらしの魅力のひとつでもあるし。


 明日は、ひぐらしの感想を書けるか分からないけど、出来るなら書かせてもらいます。


 


 


 やっと就職先が決まった・・・


 


 専門学校を卒業してから、一年近く経った頃にやっとこさ採用されました!!蔵間マリコです。


 今日、ついに就職が決定しました!!苦節11ヶ月、私が前いた専門学校の生徒にNEET呼ばわりされたり、面接先で面接官にいびられたりすることも無いぞ!!人より随分と時間がかかって、物凄くスタートが遅かったし、まだトライアルとして雇われるんだけど。これで自分の自由な金がちゃんと持てるし、精神的にも安定するぞ。


 来週から、仕事だからブログを書く日が減るかもしれないけど、これからも応援してください!!


 


 で、まあその就職先のことなんだけど。


 自分が就職した会社は、市内にあるコンニャクの製造会社なんだけど、それがそこの社長が少し曲者でしてね、面接の時に少し意地の悪い質問をしてきたんですよ。例えば、自分が行っていた専門学校と高校生の頃にいたパソコン部のことで勘付いたのかも知れないけど、「君、オタク系?」とか大胆な質問をしてきたし。確かに、私は貴方の言うとおりオタクですが、いくらなんでも面接の時に単刀直入に言わないでください!!俺だって、好きでオタクになったわけじゃないし、そう言われるとムッとくるから。


 それとか、自分が少し上がり気味で喋りたい事をちゃんと言えなくて、少し困っていたんだけど、その時、そこの会社の社長が「言語障害じゃないの?」って言ってきやがった。オタクの件については、まあ許す範囲にしても、言語障害とか言うのは酷いぞ!!普通、面接とかでごもったりしていたら、「あがっているの?」とか言うなら分かるが、言語障害はねえ・・・。いくらなんでも、それは無いでしょ!!


 


 かと思えば、今日、面接に来たのにいきなり採用だからねえ。まあ、3ヶ月のトライアル期間があるとはいえ、そこの社長の言うことには、ほぼ確実に正式採用するらしい。面接をした後すぐに、いきなり採用するからなあ。なんか不安も少しあるな。


 


 なんだかんだ言っているけど、こんな俺でも採用してくれるんだからな。本当に有難いっす。


 会社のお荷物にならないよう頑張っていきます!!


 


このページのトップヘ