続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2010年06月

 遠くて近い未来か…。

 結局は何も起こらないと思う蔵間マリコです。
 昨日の夜、『人類ZEROの未来!!』という番組をベッドの上でダラダラと見ていた。番組の内容は、人類が滅んでから1週間後から2億年までをシュミレートするというものである。まあ、今までに何度も使い古されたタイプの特番だ。自分としては、内容が人類の立てた建造物や遺産に焦点を当てすぎて、生態系の変化や気候などの変化についてあまり描かれていなくて、正直、残念な内容だったといえる。でも、科学者の生物の進化に対する検証はまあまあ面白かったと思う。烏賊が陸上で生活するとか、亀がアダマンタイマイとかロングイみたいな巨大に進化するとか。特にカタツムリが進化して、大陸を闊歩するほどの一大生物になるという予想には、興味深いものがあった。火の鳥未来編でも、人類が滅んだ遥か未来にナメクジが進化するという展開があったからね。手塚治虫は未来に住んでいたのかもしれない。
 しっかし、ここ最近、人類が滅亡(または、それに近い状態。)するタイプの作品をよく聞く。『2012』っていう人類が滅びるまでの過程の映画もあったし、『NINE』っていう人類が滅んだ後の映画なんかもあるし、『ザ・ウォーカー』っていう人類が絶滅の危機に瀕する映画もある。マヤ文明の終末論にあたる2012年に人類が滅びるという予言の影響だろうか?
 でも、そんな事が起こるはずがないというのは分っている。そりゃあ、1999年のノストラダムスの大予言だって外れたのだから。結局は、恐怖の大王なんて襲来することなく(四文字熟語と地盤断層とおじ様が大好きな恐怖の大王だったら嬉しいけど。おじ様ラブラブ。)、2000年を無事迎える事ができたからね。やはり、こういうのを言う人って、その時には死んでいるから適当に言っているのかもしれない。

 だが、もしも、万が一にも2012年の予言が的中して、人類が滅亡がした後の世界はどうなるのだろうか?都合の良い話かもしれないが、核戦争とかで全ての生物が死滅したのではなく、人間だけが罹るウイルスが蔓延して、人間だけが滅んだとして。
 自分が予想するに、人類に打って変わっての生命体が現れると思う。道具を使ったり、二足歩行で歩いたり(これの必要性はかなり疑問に思うが。)、群れで社会を形成したり。もしかしたら、今いる人間たちよりも高度な文明にまで発展しているとか。勿論、何千万、何億年後の話になるだろうけど、きっとそんな感じになるのでは?
 だけど、人類とは見た目や生活場所なんかは決定的に違うと思う。蛸が進化した人型の生物(そういえば、同じようにMTGでもセファリッドっていう生物いたな。登場期間は、恐ろしく短かったけど。)が、水中に街を作り上げ、鳥が進化した人型の生物は、卵から生まれ出て、崖を住処とする。平原には、グインさんみたいな豹の進化した亜人種が。そして、それぞれの種族が各々交易を行う。まるで、ファンタジーの世界の話みたいな予想図である。やはり、素人が考えるとその程度だろうか?
 でも、個人的な希望(当の本人は死んでいるけど。)は、ケモノの耳を生やした人とか、鳥のような翼を生やした人とか、耳がエルフみたいな世界である。分りやすい話、うたわれるものの世界(人工進化だけど。)。そんな可愛いおにゃのこのいる世界だったら、人類に代わっても台頭してもいいかも。ホント、二次元脳ですね、俺。

 何時起こるか分らない、人類の終末。
 果たして、人類の最期はどのようなものになるだろうか?最終戦争?謎の病原菌の発生?環境の異常変化?人類に打って変わっての存在の登場?その結末は、神のみぞ知る…。
 とにかくそのような事態にならないように、人類全体が出来る限りの平和を貫き通し、叡智の限りに切り抜けて欲しいものだ。もしそれが来たとしても、ヒトがこの世界にいたという証拠を残して…。


          うたわれるもの クーヤ&サクヤ

 年に何回あれば…。

 今週の月曜日は、憂鬱すぎる蔵間マリコです。
 はぁ~っ…、ついにきたか…。学生さんにとっても、社会人にとっても、ご老人にとっても、宇宙人にとっても、未来人にとっても、超能力者にとっても、異世界の人間にとっても、神にとっても、魔王にとっても、憂鬱すぎるあの月曜日が(大袈裟すぎるけど。)。
 土曜日日曜日と休みが続いて、いきなり何時もと変わらぬ仕事の日々。まるで、準備体操もなしに寒中水泳を挑戦するか、ちゃんとしたトレーニングも積まずにフルマラソンをするぐらい精神的にキツイです。体もなかなか思うように動かないし、集中力なんかも散漫気味になったりと。どうして、休みがずっと続かないのかなあと思いたくなるぐらいですよ。
 でも、逆を言えば、仕事をしているからこそ、仕事が終わった後や休日が楽しいものになっているのかもしれない。肉体作業で疲れるまで体を動かし、接客や人間関係で精神を擦り減らす。そして、その疲れを発散させるために、ゲームセンターでシューティングゲームをしたり、某所で様々な漫画やムック本の類を買う。週末あたりだと、全く持って腕前が成長しないイラストを描いたり、積んでいたガンプラを組み立てるとか、ギャルゲーを一気に消化するとかそのあたりか。こういった循環があるからこそ、仕事により一層精を入れる事ができるし、ノビノビとした生活(とは言っても、リアル充実者とは言い難いが。)が送る事ができる。それを考えると、月曜日の憂鬱も有意義なものかもしれない。
 もし、これが仕事もせずにNEETみたいな生活を送っているとなると、それこそマンネリな一日を送っていたかもしれない。現に、専門学校を卒業後の一年間は、なかなか就職できずに鬱屈とした日々を過ごしていたからねえ。もう二度と、あの非生産な生活を送りたくないものだ。

 まあ、そんな憂鬱でありながらも、輝かしい週末を迎えるための月曜日なんですけど、それがとんでもないハプニングが。月曜日の朝早々に、夏風邪を引いてしまったのである。
 いや、夏風邪自体は元から多少引いていたんだけどね。鼻水が酷くて、クシャミが止まらないし、腹が緩くなって、食欲の権化であるにも関わらず、あまり食欲がわかない。ただ、きつかったとは言えど、仕事に支障が出るレベルでは無かったし、別に休むほどでもなかった。この程度で休んでいたら、社会人なんて成り立たないからね。
 でも、今日の朝起きたら、恐ろしいまでに体が気だるくて、滝のように汗を流していて、凄まじいほどの熱を発していた(とはいっても、38,5℃だったけど。)。今は、解熱剤を飲んだから随分と体調が良くなったけど、夜になったらまた熱が出るかもしれない。
 まあ、不幸中の幸いは、雨が降っていた事であろう。もし、このまんま体の事を省みず出社していたら、全身ずぶ濡れになりながらも交通警備をして、仕事中か仕事が終わった後にダウンしていたかもしれない。この時期、肉体労働はマジできついからねえ。単に寒いだけで済む冬の方が楽かもしれない。

 あ~あ、普段から憂鬱な月曜日が、もっと憂鬱な月曜日になるとは…。
 仕事が終わった後に、ゲーセンで怒首領蜂大復活をプレイして、某所で『能美クドリャフカのびのび水着着せ替えフィギュア』が付録に付いてくる『クドわふたー 電撃G’s Festival! DELUXE』を買うつもりだったのに…。月曜日に風邪引いて、外も雨が降っていて、とてつもなく憂鬱です…。


   SE・きらら 秋山望美

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「言い間違い、よくする方?」です。何でだろう、分かっているのに、言い間違い、これ言いにくいんだよなぁ・・・そんな言い間違い、なぜだか人の名前まで・・・あなたはよく、言い間違えるほうですか?吉久は、本当によく言い間違えます。「レシピ」を「レピ...
トラックバックテーマ 第989回「言い間違い、よくする方?」

 ネタが無い時の頼み綱の今週の御題!!
 さて、今回は『言い間違い』。え~っと、言い間違いですかぁ…。流石に、ゲーメストの誤植のような『インド人を右に』とか『ザンギュラのスーパーウリアッ上』とか『ジョジョの奇妙な花嫁』とか『飢餓伝説』みたいなギネス級の間違いは無いですけど、結構いい間違えたりする事がある。自分、どうも人見知りが激しく喋るのが苦手なクチだから、噛んだりしたりて、言い間違えたりして…。数日前も、交通警備中に人に道を尋ねられて、口の中噛んでしまったし…。交通警備員も、一種の接客部分があるから、自分には辛い所。
 それとか、右と左を言い間違える事もあったりする。例えば、車を運転してもらっている時。地図を見せてもらって、ナビゲートすることがたまにあるんだけど、どっちが右でどっちが左なのか忘れる事が。それで、迷惑をかけちゃうことがあって…。冷静に考えたら、どっちかぐらいは分かるんですけどねえ…。ホント、昔ッからこの癖が直らないんですよ。
 他にも、単に自分が勘違いしていたり、聞き違いが原因で言い間違えたりと…。言い間違えが日常茶飯事にあるから、どうしたらいいものやら…。ホント、ポンコツな俺です…。

 さて、自分の言い間違えはコレぐらいにして、言い間違えについて、ちょっと面白い話を。
 うちの家では、インパクトのある言い間違えが武勇伝にある。例を挙げると、『三本の矢事件』がいいかもしれない。相当前に、NHKの大河ドラマに毛利元就(あの画面からなかなか戻ってこない人。)で放送されて、一時的に毛利元就ブームになった事がある。そこで、自分たち家族は毛利元就博物館に行って、毛利元就の歴史を学んで楽しむ事になったのだが、弟が爆笑を発言を。毛利元就を象徴する三本の矢の旗を見て、弟が「あれ、一品って読むんだよね?」と聞いたんだよ。
 これには、思わず爆笑してしまった。確かに、一本の矢を模した線と三つの○が書いてあるから、言われてみればそうは見えなくもないけど、普通はそう読まないでしょ。しかも、この事をしばらくの間、根に持って、一品って言い張っていたし。今でも、この事は話題の種になるぐらいである。
 それとか、これは言い間違いとはちょっと違うんだけど、『生きた化石事件』というものもある。昔、家族全員で鳥取に旅行する事になって、その際、カブトガニ博物館という妙な場所に立ち寄った。そのカブトガニ博物館の中で、来場者に対して巨大モニターでカブトガニに関する問題を出題するというコーナーがあった。そのうちの問題の一つに、このような内容があった。『この中で、生きた化石と呼ばれている生き物はどれ?1、カブトガニ。2、人間。3、ネコ。』というものが。答えは勿論、1番のカブトガニである。なのだが…、うちの弟はそれ以外の選択肢を選んで…。どうやら、3番のネコを選んでしまったらしい。
 選んだ番号が大画面モニターに表示されるから、これが映し出された瞬間、会場が爆笑の渦に包まれてしまった。他の人はカブトガニを選んでいるのに、弟だけがネコ。しかも、わざと間違えたのではなく、本気で間違えていたのだから。おかげで、この事が話題にあがると思い出し笑いをしてしまうし、弟に「ネコは生きた化石」と言うと酷く叩かれるようになった。そりゃあ、過去の傷を抉る自分が悪いけどさあ…、これほど面白いギャグはないんだから仕方ないじゃないの。「ネコは生きた化石」と書かれている図鑑をぜひとも読んでみたいものだ。

 世の中、そこらじゅうにある言い間違え。
 皆さんは、言い間違えに関して、面白い思い出はありませんか?何かあったら、ぜひともガンガンとコメントしてください。
 それでは、次回の『趣味人蔵間マリコの日記』もよろしくという事で。


       

   シャマル


 スランプ脱出か?

 燃え路線魔法少女アニメ大好きな蔵間マリコです。
 毎週土曜日に何時間もかけて描く、なかなか上手くならない『魔法少女リリカルなのは』シリーズのキャラクターのコスチュームアレンジイラスト。さて、今回描いたキャラクターは、『魔法少女リリカルなのはA's』に登場する守護騎士ヴォルケンリッターの一人、『風の癒し手』またの名は『湖の騎士』こと、『シャマル』を描きました。
 自分はシャマルというと、いい味を出していながらも、何か凄く扱いが可哀想なキャラクターという印象を受ける。好戦的な性格の人物が多いヴォルケンリッターの中で、唯一の癒し系的な存在。真面目でありながらも優しくドジっ娘で、ご近所付き合いが妙に良かったりと何か騎士らしくないキャラである。だが、戦闘においては他の3人とは違い、バックアップという役割を果たしているため、戦闘でも差別化が上手くなされている。特に、高町なのはのリンカーコアを奪うシーンは非常に印象的である。直接的な描写(回想除く。)で、なのはに一番の大打撃を与えたキャラは、彼女かもしれない。
 だが、そんな彼女が後方支援という役割である故に、第3期の『魔法少女リリカルなのはStrikerS』で悲惨な扱いになってしまう。何せ、出番があまりにも少ない。あったとしても、酷い目に遭っている場面しか印象しかない。乗っていた護送中のヘリが爆破されたり、ザフィーラ(多分、なのはSSにおいて一番扱いが悪いキャラだと思う。ちなみに、野郎は描く予定なし。)と一緒にスカリエッティ一味にボッコボコにされたり…。一応、終盤にナンバーズのオットーを捕獲はしているのだが…。メイン3人と新キャラ(個人的には、暴力シスターに出番を食われた気がする。)に出番を奪われた被害者の一人といえる。ああ、無情…。

 まあ、そんな不遇な今回描いてみましたが、そこそこの出来だと思う。ここ数回、凝ったデザインにしようと頑張ろうとしたら、残念な出来になったからね。あまり冒険はしなかったものの、面白く描けたからね。やはり、元のデザインからあまり弄らないほうがいいかもしれない。
 まず、服のデザインのアレンジ。ヴィータシグナムを描いた時は、中世風の鎧や戦国時代風の鎧に挑戦してみて大失敗してしまったが、今回はそういった大胆なアレンジを加えなかった。代わりに、原作よりも僧侶(どっちかというナース?)と思わせるような格好にしてみました。個人的には、まあまあな出来になったと思う。ドラクエの僧侶みたいな前掛けに、スカート付きの服、カチューシャ。そして、元のデザインを残すために服自体の柄には手を加えない。結果、シックリとしたデザインになったと思う。
 それと、今回アクセント付けに眼鏡をかけてみました。A's作中、シャマルはサングラスをかけて変装しているシーンがあるけど、それが結構マッチ(まあ、変質者を絵に描いたようなコーディネートだったが。そこが、シャマルらしい。)していて…。だから、ナンバーズの日向夏美クアットロみたいな丸眼鏡があうんじゃないかとかけさせてみたら、なかなかマッチしているようで…。より眼鏡らしく感じさせるためにも、若干、レンズの部分に30%ほど透過させた白色を入れてみました。まあ、それが目に見えて効果があったわけじゃないのが、非常に残念であるが。これは、要練習だな。
 ただ、自分としては目の部分をもうちょっと何とかしたかった感はある。どうも、目線が反対側を見ているような感じになっていなくて…。白目の部分を何時もより寄らせて描いたのだが…。顔に傾きを入れて、それらしくすれば良かったかなあ…。

 ヴォルケンリッターの守護騎士も一巡描いたなのはのイラスト。
 次回は、闇の書の化身といえる存在『リインフォース』を描く予定。
 なのはA’sの感動のシーンを作り上げた八神はやての半身をどうアレンジしようかな…。案が非常に多くて、凄く悩む…。

 こういう時こそ、一丸とならないとね!!

 たまには、馬鹿騒ぎがしたい蔵間マリコです。
 凄いですねえ、ワールドカップ日本代表。デンマーク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメントに参加する事ができるのですから。自分は仕事の関係で早起きとはいえ、時間帯的に見ることは出来ませんでした。でも、このニュースを知った時は凄く嬉しかったですよ。ワールドカップ前の3試合では、3試合ともボッコボコにされて、評論家の予想では0勝3敗と下馬評の中の下馬評ともいえるような悲惨な状態だったからな。自分も、0勝3敗は流石に言い過ぎだとは思ったけど、精々、1勝2敗か1勝1分1敗ぐらいで予選敗退ぐらいと予想していたんですけどね。それが、蓋を開けてみればビックリ。オランダには惜敗したものの、他2戦は上々な試合内容。日本代表が、決勝トーナメントに行けた事が、まるで夢みたいです。
 しかし、今回のワールドカップは、大波乱なこと。ドイツが24年ぶりに予選で格下のセルビアに負けたり、日本代表が決勝トーナメントに進出したり、イタリアやフランスのまさかのワールドカップ予選ブロック敗退となったりと…。日本代表が参加する年は、楽しみにしてみているんですけど、今年ほど面白いワールドカップは滅多に無い。ゲームばっかりしないで、観戦していた甲斐があったよ。

 それにしても、毎度毎度ワールドカップがあるたびに思う事なんですけど、日本人って凄くミーハーな人種な気がする。このブログを書いている自分も含めて。
 普段は、サッカーじゃないにしろ、その他のスポーツや文化といったものは、なかなか興味を持ってくれない事が多い。寧ろ、モノによっては衰退しているような気もする。でも、こういうイベントになると、国総出で応援したり、騒いだりする。今まで興味が無かったのが、180°態度を変えて。
 この事に関しては、自分は別にそこまで悪い事だとは思っていない。寧ろ、騒げるだけ良い事だと思っている。そりゃあ、今の御時世、不景気や世間を震撼させるような事件が多発して、社会全体が元気を無くしているのだからねえ。こういう所で、馬鹿騒ぎをして、やる気を奮い立たせなければ、どこでやる気をつけるの?それに、国民全体で喜びを分かち合う事ができるのは、幸せな事だと思うが。
 でも、一部のサッカーファン(じゃなくても、野球や音楽なども。)が、これを良しとしない人がいるからなあ…。何時もはサッカーに興味が無いのに、こういう時だけ盛り上がるのは迷惑だと思っている人が。まあ、確かに気持ちは分からなくも無い(自分も冷静になると、そう思い当たる節があるから辛い。猛省。)が、国の威信を賭けてのスポーツなんだから、大騒ぎになっておかしくないでしょ。それにサッカーファンから見れば、今応援している殆どの人が素人なんだから。だからこそ、そういう事には心を広くして受け入れてあげるべきなのでは?そうじゃないと、サッカーがますます敷居の高いものになってしまうのでは?
 ただ、自分を含めた普段は応援していない人も節度を守らないといけないと思う。今日あった試合だって、朝まで見ている人が五月蝿いと苦情を言っている人もいるし、こういう大きなイベントがあると道頓堀に飛び込む人が現れる(特に、阪神ファンあたりが。ファンの皆さん、槍玉にあげてごめんなさい。)。嬉しいという気持ちは分るが、迷惑をかけない程度に騒ぐのが吉であろう。

 さて、6月29日にはパラグアイとの決戦がある。
 格上とはいえ、調子が鰻上りな日本代表なら何とかしてくれる。頑張れ、日本代表!!目指せ、ワールドカップ優勝!!
 まあ、アージュの公式サイトのトップ画像がその分増えるから嬉しいというのも、本心の一つなんだけどね。篁 唯依柏木晴子と来たから、次は早瀬水月

このページのトップヘ