続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2014年07月

 やっぱり、ヤンジャンは岡本倫が一番!!

 一癖も二癖もある漫画が大好きな蔵間マリコです。
 さ~てと、木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の大人気純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、極黒のブリュンヒルデも楽しみですけど、今週から始まった岡本倫先生のアシスタントをしていた稲葉そーへー先生のギャグ漫画『しらたまくん』も期待大ですねえ。女子高校生と制服を着た喋る猫の掛け合いがなんとも癒し系といいますか。デビュー作の『へ〜せいポリスメン!!』の主人公のウザキャラっぷりも光っていましたが、こういったアプローチもなかなかと。岡本倫先生の同門のふなつかずきも絶賛連載中だし、ますます楽しみが増えてきてハッピーうれピーよろぴくねーな状態ですよ。ヤンジャン万歳万歳万々歳!!
 とまあ、岡本倫先生に深く関係ある漫画家がヤンジャンで連載中であることに喜びを感じていますが、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

            TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ BD-BOX1 001

 まあ、原作のファンですからね。

 財布がかなりピンチの蔵間マリコです。
 予約日と発売日が1日ずれていたので買うのに1日ほど遅れましたが、しっかりきっかりGETしましたよ。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の大人気純愛ダークファンタジー『極黒のブリュンヒルデ』のTVアニメ版BD-BOX1巻を。
 まあ、色々とアレなことになっちゃいましたけど、今はこの事は避けておきましょう。自分もアニメ版が出るということでめっちゃ喜んで、ソッコーで予約した人間ですからね。それだけに終盤の出来が残念なことには腹立たしいですけど、それでもダメな子だからこそ愛してやらなければならないファン愛というものがありますし。それにアニメは原作ファンにとって最大のコレクターズアイテムだからな。感想ブログまで書いている自分としては、外せるわけがないですよ。
 さて、そんなTVアニメ版極黒のブリュンヒルデBD-BOX1巻ですけど、ここから先はブックレットの内容とネームブックの感想にでも入らせてもらいます。別に大したことは書いているわけじゃないんですけど、内容のことを思いっきり書いています。ですので、BD-BOXを今から買う予定でネタバレして欲しくないという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 前回の続きということ。

 魔法とか異能といったものが大好きな蔵間マリコです。
 さてと、前回は大人気伝奇ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/staynight』のTVアニメ版・劇場版の新情報が公開されたということで原作の話題をしましたが、今回はその続き。セイバールートから、今秋放送されるTVアニメ版の部分にあたる『UNLIMITED BLADE WORKS』、凛ルートについてでも話したいと思います。
 まあ、今回は前座は無しです。え、なんでかって?そりゃあ、前回のネタの地続きだからですよ。前座で話せるようなことは、前回で殆ど話しましたからね。だから、そこのところは許してください。いや、許してくれないと困りますから!!
 というわけで、ここから先はネタバレありの話題。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

   

   

 めっちゃはまったよなあ……。

 ギャルゲー大好き蔵間マリコです。
 先日、ニコニコ生放送でTYPE-MOONの大人気ビジュアルノベルゲーム『Fate/staynight』のアニメについて、衝撃的な発表がされた。2010年、劇場版アニメにもなった遠坂凛のルートの『UNLIMITED BLADE WORKS』と、原作の終盤にあたる間桐桜のルートである『Heaven's Feel』の劇場版アニメ化が。
 いや~、このサプライズには度肝を抜かされましたねえ。秋からTVアニメ版が放送されるから楽しみにしていましたが、セイバールートを飛ばして、凛ルートを放送するのですから。それに畳み掛けるように、今までアニメ化されていなかった桜ルートが劇場版で公開されるとなると。TVアニメ版のサプライズも凄いですが、TVアニメ版では色々と放送が難しい桜ルートを劇場版にするという判断は素晴らしい。Fate/Zeroの時と同じく、ufotableはファンの予想を大きく上回ることをする素晴らしいアニメ会社だ!!
 とまあ、Fate/staynightの新作アニメ2本に狂喜乱舞している自分ですが、今回はそのFate/staynightの原作の思い出についてでも話したいと思います。そして、原作はセイバールート、凛ルート、桜ルートの3つに分かれているので、今回含めて3回ほどに分けて話す予定です。まあ、大したことを話すわけでもないし、ネタが無いからという意味合いもありますが。
 先に言っておきますが、ネタバレとかありまくりですよ。ですので、ネタバレされたくないという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 気分良く書けるって良いね!!

 普段から調子の波が激しい蔵間マリコです。
 さてさて、日曜日ですので、毎週恒例のコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 現在、9話目連載中、10話目執筆中の状況ですけど、本当にビックリするほどの絶好調!!何しろ、月60ページのペースで書けているのですから。先月、先々月は40ページちょっととイマイチやる気が出ない日が続いていましたが、今はその真逆。次々と頭の中でアイデアが生まれるし、それをいち早く書きたいという衝動に駆られている。出来不出来はともかく、これほどに制作意欲が湧き出しているのは久々かもしれない。自分としては、月70~80ページ程度に上げたいということころもありますけど、今はモチベーションとコンディションを崩さない程度に調子を維持することが重要課題かもしれない。ページ数を上げるのは、その後にでも。
 とまあ、絶好調な日々が続いておりますが、そろそろ本編へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、あまり上手な内容ではありませんよ。それでもアドバイスなんかもくれると非常にありがたいです。
 それでは、今回の彼女たちの極秘事項(トップシークレット)をどうぞ。
続きを読む

このページのトップヘ