続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2015年04月

 まあ、個人的な意見と言いますか、感想と言いますか。

 ヤンジャンが読めないことにやきもきしている蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 と言いたいところですが、今週は合併号。毎年毎年のことだから慣れっこではあるんですけど、それでも倫たんの漫画が読めないとなると辛いのなんの。なんて言いますか、体中から汗が出たり、熱が出たり、頭痛がしたり、眩暈がしたり、吐き気がしたりと。禁断症状でまくりでおかしくなりそうです。早く倫たんの漫画を!!
 とまあ、冗談はこれぐらいにして、今回はアニメ以降の描かれた部分の第2部、第6章から第9章について色々と語らせてもらいます。正直、本当にくだらないネタですよ。それでも暇潰しにでも読んでくれると非常に有り難いです。あと、ネタバレとか、たんの独特の作風とか、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで、別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 ちょっと今回は反省会でも。

 たまには冷静になって自己分析したい蔵間マリコです。
 さてと今日は月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和とネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 というのは日曜日でして、今日はちょっと一連の流れである第10話から第12話までの反省会でもしたいと思います。いやまあ、ネタがないという実情もありますけど、こういうところで書いておくと一つの戒めになりますからね。まあ、それを忘れていたら駄目ですが。
 ぶっちゃけた話、今回の記事はいつも以上の自己満足記事です。ですが、それでも読んでくれると非常に有り難いです。それでは、今回もどうぞ。
続きを読む

 なかなか進まないが、それでも!!

 時間があれば、執筆作業をしている蔵間マリコです。
 さてと日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 毎週何とか更新しているこのコーナーですが、やっとこさ今週で第12話が終了。一連の流れである第10話開始が8月25日ですから、ほぼ8ヶ月でしょうか。個人的には1話2ヶ月をノルマとしているから遅すぎるくらいですねえ……。いやまあ、サボっているわけじゃないですけど、どうしても精神状態が悪いと筆が進まなくて。こういう言いわけ癖も直さないといけないし、課題が多いなあ。上手く自分を奮い立たせて書かないと!!
 とまあ、四苦八苦している現状ですが、それは置いてそろそろ本題へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、あまり上手いものではありません。それでも、読んでくれると非常に有り難いです。
 それでは、今回もどうぞ。
続きを読む

 ジャコス行くの!?

 県民にとっては、大型ショッピングモールは有り難い蔵間マリコです。
 今日の朝のこと。自分はいつものように朝一番にPCを起動させて、朝飯のおにぎりとインスタント味噌汁を食べながら、いつものノルマである情報収集をしていた。俺が寝ている間に、何か変わった出来事があったのか?何か面白いことでもあったのか?
 すると、ツイッターのトレンドに驚き吃驚なことがあって……。なんと、広島県有数のシネマコンプレックスである『広島バルト11』がトレンド入りしているじゃないですか!!
 バルト11は自分もよく利用する映画館ですけど、なんでこんなところがと思ったら、どうやら『劇場版ラブライブ!』の前売り券チケットの購入のために早朝から並んでいたようだ。まあ、自分も欲しい物があればこのくらいはできそうだけど、、こんなイベントがあったなんて思いもしませんでしたよ。そして、トレンド入りするほどのファンの多さと熱意には驚かされましたよ。

 とまあ、朝からちょっとした驚きに遭遇しましたが、広島バルト11というよりも、バルト11のあるソレイユ(正式名称は、マックスバリュー府中ソレイユ店だが)ってとっても便利ですよねえ。
 広島の中心部に行けば、デパートや百貨店、大型複合書店などがあるから非常に便利だけど、そこから郊外へ出ると利用できるお店がグンと減ってしまう。かといって、色々と散らばっているから色んな店へ行くのが案外大変。だけど、ソレイユなら色々と取り揃っていますからねえ。先でも書いている映画館は勿論のこと、大型複合書店もあるし、フードコートやレストラン街も結構いい。それに有料であるけど、専用バスもあるからねえ。「ジャコス行くの!?」ってちょっと馬鹿にした言葉があるけど、本当に地方民として非常に有り難いんですよ。
 それにソレイユは、今回の件に限らず、イベントが結構多いからな。物産展なんかはしょっちゅうしているし、映画とかの挨拶回りやインディーズのライブなんかもある。映画のイベントはここで参加したことはないけど、物産展とかはついつい買っちゃいますし、インディーズも意外にいい物もありますし。改めて言わせて貰いますが、「ジャコス行くの!?」のワクワク感はあながち間違っていないかもしれない。

 地方だからこそ有り難い大型ショッピングモール。
 来週はGWだから、ちょっと見たい映画があるから行こうかな?ただ、GWとブッキング(艦隊これくしょんのイベント海域)しているからねえ。ああ、このくだらなくてどうでもいい悩み……。

このページのトップヘ