続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2016年03月


 今回で最終回。

 これからもずっと愛し続けたい蔵間マリコです。
 さてと、今週でこのコーナーもラストとなりますね。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーが。
 4年2ヶ月お送りになったこのコーナーですが、打ち切りという形で終わると思うと本当に寂しいです。ですが、その寂しさは最後だからあまり表に出したいとは思いません。最後ぐらい、キチッと綺麗な形で感想を書く、それが尾1ファンとしての役目。そういうのを引きずらないほうが、岡本倫先生も嬉しいと思いますしね。ですので、いつものようにテンションアゲアゲで行ってミヨー!!
 というわけで、ここから先は感想。ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりの内容です。ですので、まだ読んでいない人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 ちょっと気落ち……。

 岡本倫先生の漫画をこよなく愛している蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートで有名な鬼才漫画家、岡本倫のスポコン漫画『ノノノノ』を徹底的に語るコーナーを。
 明日のことを思うと、本当に気分が憂鬱になります。どうして憂鬱になるかって、知っている人は知っているかもしれませんが、現在連載中の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が、明日で連載終了するんですよ……。しかも、円満終了じゃなくて、打ち切り。
 ノベライズ化やアニメ化などといったマルチメディア進出し、180話以上連載が続いたというのに無慈悲にも打ち切り。こんな仕打ちに泣かないでいられるわけがないですよ!!せっかく、倫たんの漫画を毎週毎週楽しみにしていたというのに、アンケートの葉書も毎週送ったというのに、コミックスも観賞用・保存用・布教用の3冊買っていたのに……。
 でも、たんファンとしては落ち込んでいられません!!毎週のノルマである、ノノノノを徹底的に語るコーナーを更新しなければ!!というわけで、ここから先はノノノノを徹底的に語るコーナー。ですので、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


HGBF すーぱーふみな

 前編はこちらで。

 ガンプラ大好き蔵間マリコです。
 製作期間5日、やっとこさ完成しましたよ。ガンプラバトルアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の最終話に登場した、サカイ・ミナトの大問題作『HGBFすーぱーふみな』の完全塗装計画が。
 厳密には、連休から5日空けての製作再開なんですけど、ここまで時間のかかったガンプラは無かったな。かかったとしても、MGサイズのガンプラが3日ぐらいで。まあとにかく、初めての完全塗装で悪戦苦闘の連続でしたね。でも、その手間がかかっただけに完成した時の感動はひとしお。出来はともかく、こんなに楽しめたガンプラは初めてでしたよ。お金もそこそこかかるし、時間もかなり取るから次回以降の予定は未定だけど、いつかまた作りたいものだ。
 とまあ、前置きはこれぐらいして、そろそろ本題のすーぱーふみなの製作過程と完成形態の画像を載せなければならない。まあ、泥人形レベルですけど、興味がありましたらどうぞ。続きを読む


 今週で第16話も終わり!!

 ライト述べる執筆に精を入れている蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのライトのベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』こと、カノゴクを。
 前回のあらすじ!!エリア51のネコ耳宇宙人、ヴァンたちによって連れて行かれた場所、それは老舗の料亭だった。そして料亭の個室で行われる密会で、大和は東雲区が宇宙人に狙われていることを知る。命の危機にも関わりかねない事態に大和は……。
 とまあ、これが前回までのあらすじです。詳しいことは、本編を読んでください。さて、ここから先はカノゴクの本編。今回は、第16話のラスト。ぜひとも衝撃展開を目にしてほしい。まあ、お世辞にも上手い文章ではありませんけど、読んでくれると非常にありがたいです。できれば、感想やアドバイスをくれると一層のこと嬉しいです。というわけで、今回のカノゴクをどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ