続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2016年08月


 倫たんの漫画が早く読みたい!!

 ひと癖もふた癖もある漫画が大好きな蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』の作者、岡本倫先生のスポコン漫画『ノノノノ』を徹底的に語るコーナーを。
 連載終了後、コミックスやら、図書カードやら、Febriやらと楽しみはたくさんありましたけど、やはり倫たんの漫画が読めないというのが一番きついです。君は淫らな僕の女王の最新話が近くに掲載されるだろうけど、倫たんファンとしての本分は長期連載!!個性的な作風に、次が気になる先の読めない展開、そして心に深く残る結末。そういったものが倫たんの漫画にはありますからね。急いで新連載を始めたら大変なことになるのは分かっていますけど、それでも1日でも早く連載開始して欲しいと思うのはファンの心ですからねえ。干物になりつつも、じっくりと待ちますので。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


銀河英雄伝説3巻

 (ほぼ)毎週読める喜び……。

 スペースオペラ大好き蔵間マリコです。
 ちょっと買うのが遅れましたけど、しっかりきっかり買いましたよー。原作・田中芳樹、作画藤崎竜のスペースオペラ漫画『銀河英雄伝説』(以下、銀英伝)の最新コミックス3巻を。
 中学生の頃にはまりにはまりまくった作品ですけど、フジリュー銀英伝もなかなか負けていない。第3巻は第6次イゼルローン攻防の序盤から終盤まで収録されていますが、第2巻の白銀の谷とは違った面白さがある。艦隊同士のぶつかり合いに、個性的な新キャラの登場、そしてまだ見ぬラインハルトとヤンの心境。
 特にみんな大好きビッテンフェルトの暴れぶりは本当に見物。掲載時には今までのイメージを大きく覆すデザインに吹きましたけど、単行本でも見てもやはり凄い。銀河英雄伝説タクティクスのほうでも半裸になっているようですけど、ここ最近のビッテンフェルトに何があったのだろうか?

 とまあ、フジリュー銀英伝3巻に大満足な本日ですが、こんな人もいるかもしれません。ヤンジャン銀英伝に興味を持ったけど、どこから入ればいいのか困る、原作とかアニメとか漫画とか色々あって分からない見たいな人が。
 というわけで、今回は原作、OVA、漫画の各媒体を通しての説明とお勧めを書かせてもらいます。他にも宝塚版とか舞台版とかあるけど、あくまでも今回は3つで。拙い文章かもしれませんが、これを参考に銀英伝に興味を持ってくれると非常にありがたいです。 続きを読む


 今週も更新!!

 亀の歩みながらも、色々と更新している蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 小説家になろうと並走で更新している今日この頃ですが、まだまだ慣れていないというか、結構きついと感じることがありますねえ。先駆けでカノゴクの19話を執筆をしながら、第18話をここのブログで掲載する。そして、小説家になろうではリブート版を連載。この3つのサイクルを消化しないといけないのですから。2つならともかく、3つは本当に大変ですよ。
 だけど、自ら課した試練に負けるわけにはいかない。これにすら負けてしまえば、自分が永遠にダメ人間でいることが決まってしまうのだから。自分を変えるためにも、これだけは達成しなければ。
 とまあ、意思表示はこれぐらいにして、そろそろ本編へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、お世辞にも上手な内容とは言えません。それでも、アドバイスや感想をくれると非常に有難いです。
 それでは、今回のカノゴクもどうぞ。 続きを読む


極黒のブリュンヒルデ同人


 感謝の言葉以外出ません!!

 自分も岡本倫先生の同人誌を書きたい蔵間マリコです。
 いつもならこの日は、ノノノノを徹底的に語るコーナーですけど、今日はちょっとお休みということで。何故なら、先日にコミックマーケット90で販売していた或犬良さんとミケイラさん、takoさん、shoko3さん、白河きよみさんの極黒のブリュンヒルデの同人誌が届いたからです!!
 いや~、コミックマーケット89の時もそうですけど、広島という遠地にいる自分のために愛と汗と涙の結晶を送ってくれるなんて……。しかも、今回はちょっと手伝ったということでただで送ってくれた。くぅ~、岡本倫先生の作品大好きなブログ仲間の皆さん、ツイッター仲間の皆さんは優しい人ばかりです!!
 そして、内容も本当に極黒のブリュンヒルデ愛に満ちている。或さんの同人誌は前回の決定版ということだけあって、前回の大辞典の内容をさらに読みやすく、かつ遊び心に満ちたものになっている。ミケイラさんたちの合同誌についても、一人一人の個性が発露していて読んでいてホッコリとする。或さんは今回の活動でひとまず終わりということらしいけど、岡本倫先生の新連載が始まったらぜひとも読みたいものだ。

 しかし、これを見ると、自分も極黒のブリュンヒルデの同人誌というものが作りたくなるなあ……。
 いやまあ、今やるべきことは他にもあるって言うのは分かっていますから、願望に近いんですけどね。自分としては絵は壊滅的に下手だから、せめて極黒のブリュンヒルデ、いや岡本倫先生のキャラを使った同人小説を1つでも書きたいなあってね。周りの人たちがこう同人活動が活発になると、自分だって感化されちゃいますし。
 でも、ライトノベル執筆に、小説家になろう投稿、電撃大賞用のライトノベル執筆に加えて、極黒のブリュンヒルデ……。ああ、無理だ!!どう考えても無理だ!!やるべきことが多すぎてできない!!時間が全然足りなさすぎる!!無理ゲーだ!!

 一日が36時間あったらいいのに……。
 

このページのトップヘ