続・黒のノエル

純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。

2016年09月


planetarian002

 プラネタリウムはいかがでしょう?

 Keyの泣きゲーが大好きな蔵間マリコです。
 先日の夜、到着しましたよー!!泣きゲーの代名詞ともエロゲーメーカーの『Key』原作、ジョジョの奇妙な冒険TVアニメ版シリーズで知名度鰻上りのアニメ会社『david production』製作の『planetarian』のアニメ版BDが。
 いや~、これだけは絶対に欲しかったんですよねえ。原作も大好きですけど、アニメ版もそれに負けないぐらいの完成度の高さで大満足でしたから。KanonAIRCLNNADの泣きゲー三部作よりも間もなく登場したものの、短編作品ということでアニメ化されないだろうと思いきや、今年ついにアニメ化。しかも、ただKeyというブランドにあやかったわけではなく、david production津田尚克監督が鍵っ子という好条件。
 そんな根っからの大ファンが作るだけあって、本当に原作のイメージを遜色なく、それでいながらもアニメならではのこだわりようがひしひしと伝わる名作として完成している。自分の観たアニメの中で、アニメ化して良かったとハッキリ言える数少ない作品でしたね。
 というわけで、今回はアニメ版planetarianの魅力について幾つか語りと思います。稚拙な文章ではありますが、これをきっかけにアニメ版planetarianに興味を持ってくれると光栄です。
 というわけで 、アニメ版planetarianの魅力をどうぞ。続きを読む


 たんの漫画が読みたい!!

 岡本倫先生の漫画が、読みたくて読みたくてたまらない蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートなどで有名な漫画家、岡本倫先生のスポコン漫画『ノノノノ』を徹底的に語るコーナーを。
 倫たん成分が絶賛枯渇中です……。たんの仕事の進捗状況をツイッターで眺めることができるのは楽しいですけど、やはりたんの新作漫画を読めてナンボですからねえ。急かすわけにもいかないですけど、それでもヤングジャンプの巻末を見るたびに、少し悲しい気分になってしまう。好きな漫画はたくさんあるけど、ヤンジャンを買う最大の理由は岡本倫先生の漫画ですからね。早くたんが新作を完成することを期待しています。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 今週で第18話もラスト!!

 進捗状況80%で、思うようにいかない蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 本当に久しぶりの日曜日の更新です。ここ最近は、色々予定があったりとずれこんだりしましたが、やはり日曜日更新が非常にしっくりきます。平日ですと、前置きと後書きの書く余裕なんてありませんし。自分はある程度スケジュールどおりじゃないと調子が合わないと改めて実感させられましたよ。まあ、ライトノベルの執筆速度は予定通りにはいきませんが。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本編へと入らせてもらいます。豪華客船を乗っ取ったテロリストたちを掃討した大和たち。その先に待ち構えているものとは!?
 それでは、今回のカノゴクをどうぞ。 続きを読む

このページのトップヘ