続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

2017年10月


 エロもいいけど、やっぱり謎もね。

 たんの漫画が大好きな蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーに入りますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートの作者、岡本倫先生の週刊ヤングマガジンで連載中のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 と言いたいところですが、残念ながら今週は休載。どうやらシンガポールにまで行って、ネタ集めの取材をしている模様。リフレッシュも兼ねてのようですけど、シンガポールは羨ましいですねえ。自分も高校生の時にシンガポールに修学旅行をしましたが、人付き合い自体が苦手だったからな。修学旅行にあんまりいい思い出がないんですよ。だから、こうやって改めて行けたらなあと思って。まあ、そんなお金はありませんが。
 それはともかく、今回は今まで登場してきた謎についての個人的見解を纏めたいと思います。当然ながら、ネタバレもありますし、岡本倫先生の作風もありますし、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 美味しいものが食べられる幸せ。

 定番のものから、変り種まで大好きな蔵間マリコです。
 さて、今回は前回書いていたように広島フードフェスティバルの感想の続きですが、先日行って正解でしたね。なんせ、今日は先日以上に天候が最悪でしたから。午後になってからある程度良くなったとはいえ、午前中はとても外に出られるような状態じゃない。多分、今日出かけていたら風邪を引いていたかもしれませんし。先々週風邪を引いたというのに、また風邪になったら信用問題ですからね。まあ、晴れが一番だったのですが。
 それはともかく、そろそろ本題へ入らせてもらいます。まあ、別に大した内容ではありませんけど、広島県人でフードフェスティバルに行ったことない人が、興味を持ってくれたらそれで十分かと。続きを読む


 特にやることがない時こそに、やっておこう。

 ネタが枯渇して困っている蔵間マリコです。
 いや~、本当にネタがなくて困っちゃいましたよ。明日あたりになると、広島フードフェスティバルがあるから色々書くことが増えそうですけど(それでも台風が直撃する恐れがあるが)、日常ネタやら何やらが売り切れ状態ですからねえ。かといって、ブログを放置するのもなんか落ち着きませんし。
 というわけで、今回はノノノノを徹底的に語るコーナーの話数索引でもまとめさせてもらいます。これは結構前にも言っていたんですけど、なかなか更新する機会がなくて、かなりズルズルな状態になってしまって。ですので、今回のような暇な時にでも更新をしようかと。多分、パラレルパラダイスはコミックス2巻が出たあたりにでも索引を作ると思いますが。
 というわけで、今回は大して面白いものじゃないかもしれません。それでも、岡本倫先生の作品を深く楽しみたいという方が一人でも利用してくれると非常に有難いです。
 それでは、今回もどうぞ。
続きを読む


 パラレルパラダイスもいいけど、こっちもね。

 ノーたんノーライフな蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。週刊ヤングマガジンパラレルパラダイスを絶賛連載中の岡本倫先生のスポコン漫画『ノノノノ』を徹底的に語るコーナーを。
 いや~、今週のパラレルパラダイス、色々と話題になっていますねえ。まあ、青年誌といえど、アレだけの内容をやるというのも滅多にないからな。勿論、批判の声もあるだろうけど、それ以上に作品として注目の的になったことは間違いない。第1巻も今年の新連載陣の中でも1日外出録ハンチョウに続いての人気ぶりでしたし、きっと2巻は1巻以上に売れるかもしれない。やっぱり、なんだかんだでファンが増えてくれることはいいことだ。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ