看板娘008 バニーNAガール  縮小


 画像が大きすぎる、だと…!?

 毎日毎日試行錯誤をしている蔵間マリコです。
 今週も必死こら言いながらなんとか描きました。自分の夢を叶える為に、1日1歩3日で3歩、3歩進んだら2歩戻るイラストの練習を。先週は『居酒屋でバイトをする看板娘の図』を描きましたが、今回はその続き。今回のテーマは『居酒屋の客寄せをする看板娘の図』を描いてみました。
 いや~、先週はかなり苦戦しましたけど、今回はそれ以上に苦戦しましたねえ。本来は、着ぐるみを着た看板娘を描きたかったんですけど、中に入っている看板娘と着ぐるみとの質量の差の描き方が今一つ分からなくて、急遽バニーガールに描き直しました。しかも、描いている時にバニーガールの特徴の一つともいえる袖付き(機動戦士ガンダムUCに登場するネオ・ジオンの残党ではない。)を描くのを忘れてしまったし…。しかも、何時も描く時と比べると頭身がちょっと少ない…。
 でも、それ以上に苦戦したのは、背景だな。Yahoo!知恵袋で前回のイラストを添削して貰った時、背景の質感とか奥行き感がおかしいと言われたので、そこを注意して描きました。壁やマットの質感を出すために塗りの質感そのものを変更したり(まあ、あくまでも誤魔化しのレベルだが。)、壁に罅を入れたり、木で出来てる部分を木目を入れてそれらしく見せたり、影の方向を可能な限り統一したり…。だけど、今回の一番のポイントは、消失点を考えて描いた事だな。
 消失点、中心点を決めて、奥行き感を出すための手法なのだが、これがあると無いとでは全然変わってくる。前回の絵と比較すると分かるかもしれないが、全然違うはず。とはいっても、先週、教本を買って、練習し始めたばかりだからまだまだなんだけどね。それに、これはあくまでも手法の一つであって、他にも色々あるからな。奥行き感のある絵が上手く描けるまで、時間がかかりそうだ…。

 なかなか上手く描けないけど、描くことに楽しさを感じるイラスト。
 さて、来週もイラストを描く予定だが、その前にイラストに関してのサプライズが一つ。まあ、それは今言えるものではないが、数日後に明らかになるので、その時のお楽しみにということで。