看板娘018 COOLに一息。

 6時間目の体育の授業で行われたクラス間での対抗バスケットボールの試合は、38対34とクリスたちのクラスが勝利した。
 点数の内訳は、クリスが10点、司は14点と大活躍。残念ながら櫻は、体育自体あまり得意でないため得点を入れることは出来なかった。対戦相手のクラスの選手に女子バスケ部のIHのスタメン一人、その他スポーツ部の部員が2人いるにも関わらず、司の小柄な体を生かしたドリブルや身長の高いクリスのシュートなどが功を奏したようだ。
 画像は、体育の授業が終わり、一休みしているクリスの図である。どうやら司や櫻とちょっとした世間話をしているようだ。ちなみに、クリスが手に持っているのは自販機で買ったスポーツドリンク、COOOOl!!(100円)。一般的にも知名度が高いごくごくありふれたスポーツドリンクである。

 毎週1回イラストを描く事に励んでいる蔵間マリコです。
 さて、今週も描きました。人体のバランスや透視法がまともに描けないイラストを。さて、前回は体育を御題にイラストを描きましたが、今回はその続きというテーマで描いてみました。
 いや~、今回のイラストは前回に比べると随分楽でしたねえ~。前回は、俯瞰図というちょっと特殊な角度を描いたせいか、人体の構図が無茶苦茶になっていたし、バスケの事はスラムダンクとかみたいな漫画でぐらいしか知らないから、どうもポーズというものが分からなくて…。そういった苦労と比較すると、今回は通常の一点透視法だからかなり労力が少なかったですね。
 とはいっても、相変わらずの残念な出来…。腕の長さがおかしい上に、体全体のバランスがアレで、ポーズが非常に微妙なもの。それに、クリスと背景との奥行き感がなく薄っぺらく見えて、影の位置もねえ…。これでも、実際の風景を写メとかで写して、それを元に背景を描いたり、背景カタログをヒントに構成を考えたり、普段は読まないような女性モデル誌をわざわざ読んで、お気に入りの格好をデッサン人形君で組み立てて、それをデッサンして練習はしているんだけどなあ…。思うように行かないことが多すぎて困るよ…。

 下手なりにでも、考えながら、苦心しながら描いているイラスト。
 さて、次回はこの話の続きとなるようなイラストを描く予定だが、さあ誰を描こうか?一人だけを描くなら労力的に一人でもいいけど、三人描くとなると大変だし…。でも、三人描くとそれはそれで見栄えがよくなるからなあ…。ていうか、シチェーション自体思いつかない…。どうしたものやら…。