文明の利器は素晴らしいといっても、弱点もあるからなあ…。

 日本の企業も、悪意に負けないで欲しいと願う蔵間マリコです。
 100%復旧からは程遠いですけど、やっとこさ最低限使える状態になりましたねえ。PS3及びPSPの最大のウリといえる機能、PSNが。
 1ヶ月ほど前、海外のハッキンググループ、アノニマス(日本語に約すと集団という意味らしい。)がクラッキング攻撃によって、ソニーPSNが機能不全を起こした。自分は最初、XBOX360が同様の被害を受けた時の対処の速さを考えて、すぐに復旧すると思ったが、ここまでこじらせるほど酷い事になるとは…。ソニーとの間に何があったか知らないが、全く関係ない健全なユーザーにとっては、迷惑極まりない事件である。こんな奴ら、さっさとブタ箱にぶち込まれて欲しいものだ。
 しかし、ソニーソニーである。程度はどうであれ、クラッキングを仕掛けてくるハッカー集団に対してのファイヤーウォールが脆弱な気がするし、それに対する復旧が1ヶ月とあまりにも長すぎる。それに、謝罪として無料でゲームがダウンロードが出来るっぽいけど、ラインナップが非常に微妙なものばかりだし…。どうせなら、2000円分ぐらいのネットマネーをプレゼントしてくれたほうが、よっぽどユーザーとして誠意が…。まあ、トロフィー乞食の自分としては、タダでトロフィーが増えるから少し嬉しいけどさ。

 だが、今回の一連の事件で分かった事が一つある。文明の利器がどんなに素晴らしいものでも、壊れるとそれだけの反動が凄まじくなる事が。
 某不屈の男がテロリストと戦うアクション映画の4.0作目でも描かれていた事だが、一点に集中するシステムがハッキングされてアメリカ中の交通機関やネットなどいったありとあらゆる機能が使えない状態となり、株式市場も一時滅茶苦茶な状態となった。結局は、自体は不屈の男の獅子奮迅の大活躍と協力者のハッカーの助力によって終着したが、現在のネットの脆弱性を示唆した内容となっている。
 今回の件は、そういった大規模のサイバーテロに比べるとかなり可愛いものではあるが、現時的に複数のハッキング攻撃で国家を転覆させられる可能性だって有り得る。最悪、ハッキングされるものによっては、犠牲者が出るということも大いに考えれる。そうじゃなくとも、ちょっとしたいざこざで2chが攻撃されて、システムがダウンする事なんてたびたびあるのだから。
 何故に、このような馬鹿げた事をするのだろうか?そんな才能があれば、世の中に役に立つ事だってたくさんあるだろうし、わざわざ犯罪をしなくても生活出来るような気がするのだが?犯罪者の気持ちなど理解したいとは思わないが、恐らくは世間に不満があるか一種の腕試しや度胸試しみたいな感覚でサイバーテロを行っているのだろう。どちらにしても、早かれ遅かれ咎が下るのだから、そんな事一つで人生を棒に振るなんて、それだけの価値があるとはとても…。世の中、人の価値観なんて全てが分かるわけないか…。

 とはいえ、PSNが一部でありながらも、復旧してくれたのは嬉しい事。
 ここしばらく、魔法少女まどか☆マギカ以外でPS3を起動させてなかったせいか、ちょっと暇だったからな。これでトロステーションも再び見ることも出来るし、PS3のゲームもまとも遊べるようになりそうだ。ソニーさん、この調子で完全復旧頑張ってくださいね!!