冷たいうどん

 まさに、冷え冷え~。

 暑い日には、冷たい食べ物が最適だと思う蔵間マリコです。
 今日で5月が終わり、明日から6月に入る。春の陽気な気候も潜めはじめ、徐々にながらも夏に向けて暑くなって来た。うちの会社も省エネを考えてか、かなり早い段階に夏服へ移行し、すっかり涼しい格好で仕事をしている。とはいえ、こっちに走ったりあっちに走ったりとやたらと忙しい仕事だから、汗をかく汗をかく。暇なのよりかは遥かにマシだけど、日焼けも手伝ってか体が火照って結構キツイ。これが、7月8月だったら尚更の事。下手すりゃあ、熱中症でバタンキューですわ。
 でも、そんな時だからこそ、冷たいものをガッツリ食べて体力を回復させないとね!!という事で、今日は現場の近くのショッピングモールの鈴仙・優曇華院・イナ…、じゃなかった、うどん屋で冷たいうどん(+竹輪の天麩羅+舞茸の天麩羅+温泉玉子のせ。原形を留めないのはお約束です。)とおにぎりを食べました。
 いや~、温かいうどんも好きですけど、こう暑い日には体の中がキンキキッズンに冷える冷たいうどんが最高。冷たくなることによって麺の弾力が増し、食べごたえバツグン。出汁もしっかりと濃いく味付けられ、体中に染み渡る。そして、カラッと揚げられた天麩羅がうどんをより一層美味しく食べることに手伝い、温泉玉子がまろやかさを与える。まさに、暑い日にはもってこいの料理だ。
 おかげで、今日の午後の仕事は全力投球できましたよ。ホント、冷たいうどん様様である。

 それにしても、どうしてこうも冷たい麺料理って美味しい物が多いのだろうか…。
 素麺にしたって色々薬味を入れて、変幻自在な味を楽しむ事ができるし、冷たい蕎麦にしたって強烈過ぎる風味が丁度よく抑えられて食べやすい。冷麦なんかは、素麺とうどんの中間のような歯応えも最高だし、あの食紅とかで色をつけている麺がちょっと嬉しいし(色のついている麺は、パッと見で冷麦である事が分かるようにするための工夫らしい。)。ホント、夏の麺は美味しいものばかりですわ。
 ただ、そんな夏の風物詩である冷たい麺ですけど、苦手な麺が実は二つほどあるんですよねえ…。その苦手な麺料理というのは、中華料理屋の夏限定メニューの冷やし中華と、一時期、話題になった冷やし坦々麺が苦手だ。
 どうしてなんだろうか、この二つだけは凄く苦手なんですよ…。冷やし中華は、あのスープともドレッシングともいえない汁をサラダみたいな具材と麺にかけて食べるという感覚がどうも分からなくて(マヨネーズとか和からしなんかが加わるとますます…。)…。冷やし坦々麺にしたって、初めて食べたのがどうにも救えないような味でして…。
 恐らくは、冷やし中華も冷やし坦々麺も美味しいのはとにかく美味しいんだろうけど、ファーストインプレッションが最悪だったからなあ…。まあ、なんか凄く話題になるような店が出たりしたら、食べに行くかもしれないが、それ以外はちょっとねえ…。

 体を程よく冷やし、体力を回復させてくれる冷たい麺料理。
 とはいえ、毎日毎日食べていたら冷たさに慣れすぎて、夏が本格的になる前に倒れてしまう。皆様も、冷たいものばかりを食べ過ぎずに、程よく温かい食べ物も食べて、上手い具合に体調をコントロールしてくださいね!!