艦これAC089

 海の家始めました。 

 アーケードもガッツリ楽しみたい蔵間マリコです。
 今年で4年目となる大人気アーケードゲーム『艦これアーケード』。時々期間限定のイベントが行われているのは提督ならば知っていることですけど、今やっている期間限定イベント『浮輪亭』が楽しくてのめり込んじゃっていますよ。
 軽く説明すると、深海浮輪のマークの付いた通常海域を挑戦して、ステージ終了後にステージに応じた深海浮輪が手に入り、溜めた分だけ消費して水着姿の艦娘を手に入れるというものだ(他にも、その水着姿の元となった艦娘が手に入る海域に、その艦娘を連れ回してドロップを狙うというものもある)。やること自体は周回するだけなんですが、これがねえなかなかとこだわっているんですよねえ。
 水着姿の艦娘もブラウザ版と負けず劣らずの扇情的だし、モーションを1から取り直していたりと相当こだわっているところが感動的だ。
 特に水着リベッチオは児童ポルノそのもの。ブラウザ版でもなかなかやばかったからアーケード版で実装されないと思われていたのに、まさかの実装ですからねえ。これに踏み出したSEGAは怖いものなしとしか言いようがない。ゲーセンで目の保養ができるなんて、いい時代になったものだ。

艦これAC090

 とまあ、ゲーセンで常夏気分を満喫している今日この頃ですが、艦これACの艦娘もたまらないですよねえ。
 ブラウザ版のイラストレーターの魅力が発露したデザインもいいんですけど、原作のイメージを崩さない艦娘たちの3Dグラフィックとモーションが愛おしいのがアーケード版。モーションキャプチャーを元にそこから3Dのグラフィックを作り、そこからそのキャラらしいアクションや仕草をさせる。これはただ艦これのことを知っているだけでなく、センスも問われる職人芸だし、艦これに対する愛がなければできない芸当だ。
 特に個人的に印象的なのが、戦闘中のアクション。砲撃や雷撃、爆雷投射、航空戦にしたって一つ一つ違うし、いつもと違った艦娘たちの一面が見れる。中でもカットインはカッコいい艦娘もいるからねえ。北上のカットインなんて、まさに「絶対にこいつ殺す」と言わんばかりの目付きでいつものお気楽な感じとのギャップ感がたまらない。
 あと、中破時のギリギリな感じもいい。先ほどのリベッチオもそうですけど、まるゆの中破とかもヤバイヤバイ。中にはパンツを無理矢理見ようとする提督まで現れますからねえ。この変なところに情熱を注ぎたくなる作りこみは相当なものだ。
 とはいえ、ゲームとして面白いから今でも続いているんですけどね。ただグラフィックがいいんじゃなくて、ゲーム性がいいから今でも続いている。簡単でもなく難しくもない絶妙なバランス、それでいながらも自分の能力に見合ったゲーム進行ができるからストレスレスですし。そういった根幹の部分がダメだったらすぐにサービス終了していましたよ。

艦これAC091

 なかなかのキャラへのこだわりが感じる艦これAC
 とりあえず榛名とリベッチオの水着は手に入れたが、まだ5合目。水着時雨改二もいるし、まだ公開されていない水着姿の艦娘もいる。どれも可愛らしいものだし、ぜひとも全部邂逅したいものだ。できれば、水着時雨改二の中破も手に入れたい。

艦これAC092