感無量だねえ。 

 イベントが終わった後も、戦果稼ぎに勤しむ蔵間マリコです。
 毎日コツコツと『艦隊これくしょん -艦これ-』をプレイしていますが、ついに育ちきりました。大和型二番艦の武蔵が。
 手に入れてから6年弱、第1期5ー4や第2期4ー4周回連れ回しがしにくい艦娘だから演習に参加させたり、高難易度の海域で積極的に起用。そのため、他の周回メインで使っている艦娘に比べるとやや遅いものの、それでも確実に練度が上がっていく様を実感してきました。そして、ついに今日の演習にてレベルがカンストしたのです!!
 いや~、カンストしている艦娘は既に6隻ほどいますけど、自分にとって武蔵は思い出深い艦娘でありますからなあ。達成感と満足感は桁違いですよ。これからも活躍を期待しているぞ、武蔵!!

 とまあ、少しずつ育てていた結果が出た本日ですが、武蔵というとアレを思い出す。艦これ黎明期の極悪期間限定海域『決戦!鉄底海峡を抜けて!』を。
 自分が艦これをプレイし始めたのは、所謂7月10日組。初の期間限定海域『南方海域強襲偵察!』をE3攻略で終了と辛酸を舐める戦いとなったが、この失敗を糧に戦力増強や資源確保に奔走していた。
 その結果は、しっかり出た。E1~E3まで多少の苦戦はありながらも、前回に比べると遥かに楽に通過することができた。自分だって、期間限定海域で連敗したくないからね。意地というものがありますよ。
 しかし、問題はE4だった。そう、悪名高い『アイアンボトムサウンド』が。ゲージ回復あり、ルート固定に金剛型2隻、道中ALL夜戦マス、所謂お仕置き部屋へのルート逸れあり、そして三式弾がないとお話にならない上に、一定条件で夜戦のみで終わってしまうボスの飛行場姫。今の感覚からすれば、何から何まで狂っている海域だった。
 それに対して、提督の取れる策も狂気だった。なんせ拾ったばかりのLV1の駆逐艦を盾にしての進軍、捨て艦が主流だったのだから。自分もこれには精神をやられかけましたよ。轟沈していく艦娘よりも、なかなか減らないゲージを削りに行く不毛な戦いが。
 だが、努力は結実する。半日がかり、最後は女神カウンターでの逆転大勝利でアイアンボトムサウンドを突破!!それから、1週間後にE5の戦艦棲姫を撃破し、武蔵着任!!ここまで辿り着いた時の感動はひとしお。正直、艦これを今でも続けている理由の一つはゴールした時の達成感だと思う。特に、鉄底海峡は初めての完走ですからね。重みが違いますよ。

 甘い思い出も苦い思い出も一杯ある艦隊これくしょん
 さて、武蔵がカンストしたから今度は大和だ。まだLVが150台だから先はかなり長そうだ。しかし、それだけ育て甲斐がある。よーし、頑張っちゃうぞー!!