発売日は2月6日ですぞ!!

 たんの漫画を骨の髄まで楽しみたい蔵間マリコです。
 先日、公開されましたねえ。週刊ヤングマガジンで絶賛連載中の岡本倫先生の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』の9巻の表紙が。
 9巻はサンドリオのガーディアン、長刀使い(ソードマスター)のアマネ。扉絵で使われていたものを表紙にしていますが、改めてカッコ可愛い。姉のカヅチもなかなか魅力的なキャラですけど、アマネもそれに負けず劣らずだ。まあ、岡本倫先生の作品だから色々とアレな設定がありますが、コミックス派の人にはそこを含めて彼女を楽しんでほしい。
 とまあ、期待感高まるパラレルパラダイス9巻ですが、今回はコミックス9巻の加筆修正について色々と語らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。

 まず、個人的に一番期待している加筆修正は、当然の如く交尾!!やはり、パラレルパラダイスの特徴の一つであるからにはコミックスではより過激じゃないとね。
 9巻の内容でエッチなシーンがあるといえば、アマネとの交尾とリリアのオナニー。後者については緊急事態だから加筆修正されることはないだろうけど、アマネとの交尾シーンはガッツリと増やしてほしい。掲載時だと、(先輩のガーディアンがカルに犯される回想があったものの)かなりあっさりとした交尾の内容でしたからね。自分ももうちょっとボリュームがあってもいいなあという不満があった。
 そこで、コミックスではアマネとの交尾が終わった後に、ルーミ・カヅチ・バニーユの3人を加えて、5Pシーンの加筆修正!!掲載時では2人の逢瀬に茶々を入れないようにしていたけど、やっぱり交尾の魔力には勝てませんからね。できれば、アマネのレズ交尾もあると非常に嬉しい。ペコとの交尾シーンでも描かれていますけど、レズ交尾というのもなかなかエッチだからな。雑誌だと5Pがかなり難しい分、コミックスではこのぐらいはやってほしいものだ。
 もう一つ、個人的に加筆修正してほしいところは、9巻で初登場のキアとナゴミ関連。特にナゴミは、登場してすぐ死ぬキャラなのに、色々とキャラが立っていましたからね。キアがナゴミと親友になった切欠のエピソードを2~3ページぐらいでもいいから描いてほしいなあ。こういうのがあると、キャラに深みが出る。

 予想するのも期待するのも楽しいパラレルパラダイス
 さて、どれだけ自分の予想が当たっているのだろうか?交尾シーンは増えるだろうけど、それ以外については意外なところを加筆修正しているかもしれない。きっと倫たんならそんなサプライズを用意してくれるはずだ。そうに違いない!!