続・黒のノエル

純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。

カテゴリ: 君は淫らな僕の女王



 おひょー!!
続きを読む


 11ヶ月ぶり!!

 先の読めない展開も好きだけど、エロエロな展開も好きな蔵間マリコです。
 さてと、久しぶりに更新しますよ~。今週のヤングジャンプにて不定期連載の原作・岡本倫、作画・横槍メンゴの自制心崩壊エロコメディ漫画『君は淫らな僕の女王』の感想を。
 いや~、岡本倫先生の本分とも言える極黒のブリュンヒルデも好きですけど、数ヶ月に1回連載されるきみだらもたまりませんよね。岡本倫先生の独特の作風と一発で分かる台詞回しとこだわりのあるエロス、それをエロ漫画出身のメンゴ先生が描いてより素晴らしいものに昇華させる。たんもメンゴ先生も連載を持っているから安定して続編を出せるというわけじゃないですけど、それでもこれが読めるのは、御褒美そのもの。エロス万歳!!
 とまあ、ちょっと暴走しちゃいました。前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生と横槍メンゴ先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む

 緊急速報!!

 話したいことが一杯で整理がつかない蔵間マリコです!!
 ニュースです、ニュースです!!とある所の筋からの情報ですけど、現在ミラクルジャンプで連載中の岡本倫原作、横槍メンゴ作の大問題作『君は淫らな僕の女王』がアニメ化されるそうです!!しかもOVAじゃなくて、全12話のTVアニメーションとして。
 いや~、これには本当に驚きましたよ。エルフェンリート極黒のブリュンヒルデとファンは絶対にアニメ化しないだろうと思っていた作品がアニメ化出来たこと自体奇跡だというのに、更にハードルの高いきみだらをアニメ化決定するなんて……。とても嬉しい反面、お偉い方に目を付けられて放送中止にならないかと不安で満ちています。
 詳しいことはまだ決まってはいないようですけど、少なくとも作るアニメ会社は天下の老舗メーカー、サンライズに決まったようです。今まではアームズでしたが、今回はこういったものとは縁の遠そうなアニメを作るとは。昴のエロティックなシチェーションに、たんの独特の作風、そしてメンゴ先生の作画。そんな素晴らしいものが声がついて、動くんですから。ホント、たんのファンをやっていて良かったよ。きみだら最高!!
続きを読む

 読みたいなら、今だけ!!

 青年誌限界の描写も楽しみたい蔵間マリコです。
 ついについに発売されましたねえ!!独特の作風で多くの読者を魅了してきた岡本倫先生と、秀逸な作画でファンの多い横槍メンゴ先生のタッグ作品『君は淫らな僕の女王』が掲載されたミラクルジャンプが。
 いや~、しばらく音沙汰がなかったですけど、久しぶりに読めるなんてどれだけ嬉しいことやら。しかも、今回は袋とじフルカラーという破格の待遇。そして、今回限りの永久保存版。極黒のブリュンヒルデの小鳥ちゃんの特別編同様に、コミックスに収録されないかもしれません。ですから、ファンに限らずとも、きみだらがどんな漫画か気になる人もぜひ購入を!!このチャンスを逃せば、もう2度と読めないかもしれないぞ!!
 とまあ、ミラクルジャンプ購入を煽ってみましたけど、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです、ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 広島は明後日ですけどね。
 火曜日発売でした、ごめんなさい。

 混沌としているからこそ面白いと思う蔵間マリコです。
 いや~、ついに明日発売ですねえ。『極黒のブリュンヒルデ』や『エルフェンリート』で有名な岡本倫が原作をし、『レトルトパウチ!』、『クズの本懐』を連載中の横槍メンゴ先生が作画を担当する自制心崩壊エロコメディ漫画『君は淫らな僕の女王』が掲載されたミラクルジャンプ最新号が。
 前回から1年2ヶ月と非常に長いブランクが開きましたが、待望の新作が読めることがどれだけ嬉しいことか。極黒のブリュンヒルデも当然ながら好きですけど、きみだらはそれとは違う魅力がありますから。ホント、きみだらも素晴らしい作品ですよ!!
 とまあ、これ以上話すとキリがなくなりそうです。というわけで、今回は久しぶりの掲載ということで、あらすじとキャラクターのおさらいをしたいと思います。別にネタバレらしいネタバレはありませんが、岡本倫先生の作風が嫌いな人や管理人の毒九段と偏見が嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

このページのトップヘ