続・黒のノエル

純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。

カテゴリ: 極黒のブリュンヒルデ(TVアニメ版)

      TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ BD-BOX2 005

 前半戦はこちらで

 アニメはアニメで楽しんでいる蔵間マリコです。
 さて、色々とゴタゴタがあったり、少しずつ消化していたので遅くなりましたが、やっとこさ感想が書けます。岡本倫原作の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』のTVアニメ版BD-BOXⅡの感想を。
 ゴタゴタに関しては追々語るつもりですが、BD-BOXⅡは本当に量が多い。BD-BOXⅠが本編6話+オーディオコメンタリー3話だったのに対して、BD-BOXⅡは本編7話+OVA1話+オーディオコメンタリー4話ですから。単純に1クール分詰め込まれているから、それを消化するとなるともうね……。まあ、そうじゃなきゃあいけない理由は理由でありますが。
 と、前座はこれぐらいにして、そろそろ感想へと入らせてもらいます。ですので、ネタバレや岡本倫先生の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

            TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ BD-BOX2 001

 アニメの内容については少し後にでも。

 極黒のブリュンヒルデが大好きでたまらない蔵間マリコです。
 じゃじゃーん!!先日、原作の極黒のブリュンヒルデの感想を書いたので書きそびれましたが、ようやくGETしましたよ。TVアニメ版BD-BOXⅡを。
 とまあ、喜びたいところなんですけど、非常に悲しいことがありましてね……。ツイッターでの発言を読んだ人なら分かるかもしれないけど、予約の店舗特典で色々とトラブルがあって手に入りませんでした。追々語りたいので今回は深くは語りませんが、なんで楽しみにしていたもので悲しい思いをしないといけないのか理解できませんよ。ホント、もうあそこは利用しません!!
 と、いきなり愚痴から始まってすいません。気を取り直して、BD-BOXⅡの内容物に対しての感想などを書かせてもらいます。当然ながら、アニメのネタバレや岡本倫先生の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 まあ、絶対に有り得ないんですけどね。

 小鳥ちゃんのおっぱいに顔をうずめたい蔵間マリコです。
 皆様、今週の極黒のブリュンヒルデを読みましたか~?2週間ぶりの岡本倫先生の漫画でしたので、待っただけの甲斐がありましたねえ。あの人が○○○になったり、あの人を×××××したり、あの子が△△△したりと。色々と話が進んでこれから先が気になるところで、今週は終了ですからねえ。ホント、これほどに来週が待ち遠しい漫画はありませんよ。
 とまあ、今週もなかなかと面白かったですけど、明後日の日曜日にはあれが放送されることになりますね。TVアニメ版極黒のブリュンヒルデニコニコ生放送の後編、第7話から最終話までが。
 いや~、多少課題点はあれど満足できる出来の前半戦ですが、後半戦は色々とアレですからねえ。8話目あたりから少し微妙なところが出てくるものの問題のないレベルでしたが、10話目から非常に残念な出来だからなあ。最終話は原作既読組からしてもワケわかめ。どうしてああなったのか、嘆きたいくらいですよ。
 でも、今回のニコニコ生放送ではディレクターズカット版が放送されるらしいですからねえ。放送時の内容に非難殺到したのか、あるいは元々作っていたのか分からないですけど、それを見る価値は十分あると思う。これがどのような影響を与えるのか、マイナスを覆すのは難しいだろうけど、それでもファンとしては見届けたいものです。
 とまあ、残念だった終盤の改善をニコニコ生放送に賭けていますが、今回はTVアニメ版の話題ということで、もし極黒のブリュンヒルデ第2期があったとしたらという妄想企画を考えてみました。〆方的にも、売り上げ的にも絶対に有り得ないですけど、それでも見たいものは見たいですからね。
 というわけで妄想企画をしますが、本編のネタバレ及び岡本倫先生の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 やっぱり、見るなら無修正!!

 永久保存版で楽しみたい蔵間マリコです。
 さてと、物もらいが原因で視聴するのにかなり苦戦しましたが、先日、なんとか全話見ました。週刊ヤングジャンプで連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』のTVアニメ版BD-BOX上巻を。
 先週の水曜日に購入したTVアニメ版極黒のブリュンヒルデですが、やはりリアルタイムで見るのとは全然違いますねえ。画質も全然向上していますし、放送時にはなかったものが色々と見れる。そしてなによりも、落ち着いて見ることが出来る。終盤の出来とある人の発言が非常に残念ですけど、それを差し引いてもファンとしては買う価値が十分にありましたよ。
 さて、そんなTVアニメ版極黒のブリュンヒルデBD-BOX上巻ですが、アニメ本編及びオーディオコメンタリー、ドラマCDの感想を書かせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

 まあ、とりあえずこれで終わり。

 半月以上経ったので、随分冷静になっている蔵間マリコです。
 本当なら、先週の火曜日に書く内容でしたけど、別の記事を書いたので後回しになってしまいました。TVアニメ版極黒のブリュンヒルデのリテイク案PART3。
 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデが放送終了してからはや半月。スタッフや会社とかに対する怒りとか失望とかそういった負の感情は、今では殆どなくなっております。元々は、そういった感情で始まった反省会でもありますからね。
 でも、ほとぼりが冷めたのにどうしてやるのか。それは、最後までやりきらないで放置するのは精神衛生上あまりよろしくないし、「自分ならこうする!!」なんて啖呵を切った以上はやらないと無責任だと感じているのもあるし、途中までは良かった以上、それでもやはりどうすれば良くなったのだろうかといちファンとして考察したいからです。正直、自己満足に過ぎませんが、それでも今だからこそじっくり考えたいわけであって。
 ああもう、なんだかまとまりのない文章になってしまいました。先に書いていることは気にしないでください。自分も気にしないで、ここから先は本題を書きますので。
 勿論、いつものようにネタバレや岡本倫先生の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
続きを読む

このページのトップヘ