続・黒のノエル

純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。

カテゴリ: パラレルパラダイス


 異世界でもエンジョイ!!

 月曜日がウッキウキな蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、あのコーナーを更新しますよー。先々週、週刊ヤングマガジンにて連載開始された岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』、略してパラパラの感想のコーナーを。
 いや~、1話目からぶっ飛んでいた岡本倫先生の新作。皆さんはチェックしましたでしょうか?見る機会がなかった?大丈夫大丈夫、そういう見逃した人のためにeヤングマガジンにて、1週間遅れでパラパラが掲載されます。これでスタートダッシュに乗り遅れた人も安心して読める。きっと、これで岡本倫先生の魅力を知ってくれるはず!!
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 今回も期待大!!

 連載雑誌が変わっても、今までと同じように応援する蔵間マリコです。
 皆さんは読みましたか?勿論、発売日に読みましたよね?純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』の作者、岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』を。
 いや~、一話目からたん節全開で大満足でしたよ。まさにファンがどんなものを望んでいるか、そしてヤンマガで初めてたんの漫画を読む人が次回以降が気になる展開を。極黒のブリュンヒルデが連載終了してから1年間という空白の期間がありましたが、それだけ待った甲斐がありましたよ!!やっぱり、たんの漫画はナンバー1!!
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、今回はそのパラレルパラダイスについてでも色々と考察(という名の妄想)を書かせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む

パラレルパラダイス001

 たんの新連載キター!!

 ホームを移しても、今までと同じく応援する蔵間マリコです。
 さてさて今回から始まりますよー。純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ『エルフェンリート』の作者、岡本倫先生の新連載漫画『パラレルパラダイス』を。
 ついに始まりましたね、たんの新作が!!週刊ヤングジャンプから週刊ヤングマガジンに移籍し、新たな雰囲気になれるかどうか少し不安な部分なんかもありますけど、それ以上にヤンマガ読者に倫たんの漫画の魅力を知ってもらうチャンスだと自分は非常に前向きに考えております。きっとたんならば、ヤンマガの強力連載陣に引けを取らぬ漫画を描いてくれるはずですから。そして、ノベライズ版・アニメ版・ゲーム版とマルチメディア展開をしてくれるはず!!ぐふふふ……。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレ岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 連載開始まであと5日!!
 土曜日発売ですので、要注意ですぞ!!

 一癖も二癖もある漫画が大好きな蔵間マリコです。
 いや~、連載開始まであと5日と迫りました。ヤングマガジンで新連載開始する岡本倫先生の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』が。
 ヤングジャンプからヤングマガジンに新たなホームへと移った岡本倫先生ですが、新作もワクワクものですよねえ。今までは現実世界を舞台としたSF路線がメインでしたけど、今回は異世界ファンタジーもの。しかも、エロチートと何やらエロい響きですからね。ラブコメが書きたいとは言っていましたけど、どうなることか楽しみです。
 しかし、ヤンマガへと移籍した以上は、たんの漫画を読んだことない人がかなりいるかもしれない。どんな漫画を今まで描いてきたのかと疑問に思う人がいるかもしれない。
 というわけで、今回は岡本倫先生が描いてきた3本+1本の作品を紹介しつつも、魅力を語って生きたいと思います。まあ、連載に合わせての期間限定無料キャンペーンの広告の便乗でもありますが。ですので、気になったらお早めに試し読みを!!
続きを読む

このページのトップヘ