続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

カテゴリ: パラレルパラダイス


 最新号は本日発売ですぞ!!

 たんの漫画が好きで好きでたまらない蔵間マリコです。
 本日は土曜日ですけど、発売日ですので更新しますよー。エルフェンリート極黒のブリュンヒルデの作者、岡本倫先生の週刊ヤングマガジン連載の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 いや~、ついに公開されましたねえ、パラレルパラダイスの最新コミックス3巻の表紙が。ルーミ、リリアと続いてきて、コミックス3巻の表紙はミサキ。順当といえば順当ですけど、それでも嬉しいですねえ。男嫌いだけど即堕ち2コマぶりを見せたミサキは、クインテットの中でも一番好きですから。自分も、陽太と同じようにミサキを陥落させて「交尾するために生まれてきた肉」と言わせてやりたいですよ。
 とまあ、冗談はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 コミックス3巻が楽しみ!!

 たんの漫画が、好きで好きでたまらない蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーに入りますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートの作者、岡本倫先生の週刊ヤングマガジン連載の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 ついに明らかになりましたねえ、パラレルパラダイス3巻の詳細が。今回も特装版が発売されるようですが、内容はなんとカラーコミック!!個人的には、これは嬉しい限りですねえ。ページ数は分かりませんけど、恐らくはヤンマガ本誌では出来ないようなエッチな内容じゃないかと予想しています。モナちゃんとリザちゃんの交尾とか、モナちゃんとリザちゃんの交尾とか、モナちゃんとリザちゃんの交尾とか……。まあ、流石に年齢的にやばいので有り得ないと思いますけど、どんな内容になるか期待したいところです。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 今日は、パラレルパラダイスについての話でも。

 今までも、今も、これからもたんの漫画を愛していきたい蔵間マリコです。
 いや~、明日発売の週刊ヤングマガジンが楽しみですよねえ。先週のパラレルパラダイスが、本当にいいところで終わったという感じですから。ネタバレになるから多くは言えませんけど、いよいよキナ臭くなってきたし、それでいながらもアレもなかなかと素晴らしい。まさに、自分にとって大満足な内容でしたね。これなら、明日のパラレルパラダイスも期待以上のものでありそうだ。
 とまあ、毎回大満足のパラレルパラダイスですけど、今回はそのパラレルパラダイスの作品性についてでも話したいと思います。ただ、今回の件は不愉快になる人もいるかもしれません。ただ、これはあくまでも個人的な意見であって、これが絶対というわけではありません。ですので、そこのところは許してください。
 と言うわけで、今回もどうぞ。続きを読む


 たんの漫画を読んで活力注入!!

 月曜日の朝が大好きな蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーに入りますよー。極黒のブリュンヒルデエルフェンリートの作者、岡本倫先生の週刊ヤングマガジン連載中の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 いや~、自分も陽太のように異世界に行ってみたいものですねえ。男がいなくなってから久しい世界、男性に対する基準価値というものがないのですから。だから、自分のような残念な人間が異世界に召喚されたとしても、モテモテは間違いなし。ハーレムだって、簡単にできるはず。ただ、欲を言えば、元の世界と行き来できるぐらいの融通が欲しいですけどね。流石に異世界にずっと居たら、ホームシックになるだろうし、文明の利器の有り難さも忘れたくないものだ。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む


 今回は小ネタ的というか、何というか。

 たんの漫画が好きで好きでたまらない蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーに入りますよー。週刊ヤングマガジンで絶賛連載中の、岡本倫先生の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 と言いたいところですけど、今週は残念ながらパラレルパラダイスはお休み。その代わりに、今週からおはなちゃんの『変な知識に詳しい彼女 高床式草子さん』というラブコメ漫画が連載開始。Jカップのヒロイン、高床式草子さんがエロ雑学を交えながら、無自覚にエッチなシチェーションになるというもの。Jカップのヒロインとはなかなか攻めた設定ですねえ。同じジャンルは競合相手が多いから、生き残るのはなかなか難しそうですけど、長期連載になることを願いたいものです。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、今回はフェチズム的なラブコメ漫画の高床式草子さんが連載開始したということで、今回は岡本倫先生の漫画のフェチズムである『』についてでも纏めてみたいと思います。まあ、倫たんの漫画はそういう描写がかなり多い分、好き嫌い分かれますけど、これがないと倫たんの漫画とは言い難いですからね。
 当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ