続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

カテゴリ: パラレルパラダイス


 色々と語りたいことが多すぎて、1回じゃあ終わらない。

 たんの漫画が好きで好きでたまらない蔵間マリコです。
 皆さん、今週の週刊ヤングマガジンに掲載されていた岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』を読みましたか?2週間ぶりのパラレルパラダイスだけあって、いつも以上に面白く感じましたね。○○○な陽太に、×××なリリアちゃん。人によっては、快楽天でやれよとか言いそうですけど、青年誌であれだけフルスロットルな展開をするから意味があるんです!!それにエロだけじゃないから、意味があるんですよ!!エロを楽しみつつ、謎を考える。それがたんの漫画の楽しさなんです!!
 はぁはぁ……、つい興奮してしまいました。ちょっとこの話はこれぐらいにして、そろそろ今回のパラレルパラダイスの小ネタにでも入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の作品の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 2週間ぶりだ!!

 バイオレンスな展開もいいけど、エッチな展開も大好きな蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー 。純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』の作者、岡本倫先生の最新作『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 いや~、2週間ぶりに週刊ヤングマガジンに掲載されているのを見ると、本当に涙が出そうですよ。他のヤンマガの連載陣もなかなか面白いですけど、自分がヤンマガを買っている一番の理由はパラレルパラダイスですから。まあ、空白の2週間の間にパラレルパラダイスの懸賞が当たったりとたん成分は十分保っていましたけどね。それでも、たんの漫画が毎週読めることに感謝以外ありません。岡本倫先生、ヤングマガジンの編集部の皆さん、本当にありがとうございます!!
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へ入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 早くたんの漫画が読みたい!!

 月曜日がすっかり楽しみになっている蔵間マリコです。
 さてさて月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』や美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』の作者、岡本倫先生の最新作『パラレルパラダイス』の感想のコーナーを。
 と言いたいところですが、今週は残念ながら休載。まだ4話目だからちょっと休載が早いなあと懸念するところもありますが、たんにはたんの事情がある。だから、無理強いをさせるわけにはいかない。それに、今週のヤンマガヤンマガたんのことについて面白いことがあるのだから。詳細は見てのお楽しみだが、月間新人漫画大賞の告知のページに書いているとだけは言っておこう。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、今回は休載ということで登場人物のおさらいをしたいと思います。まあ、別におさらいするほどの内容があるわけではありませんが、それでも何かの暇潰しにでもなったら光栄です。
 あと、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。 続きを読む


 俺もあんな女の子と一緒にいちゃいちゃしたい!!

 時々、異世界に冒険したいと思う蔵間マリコです。
 皆さん、週刊ヤングマガジン岡本倫先生のチートエロ漫画『パラレルパラダイス』の今週号を読みましたか~?いや~、今週もエロ全開の展開でなかなか面白かったですねえ。特にラストのあれなんかは、ズルすぎる。あれは、ヤングジャンプ連載の時なら絶対にやることができないものですから。
 しかし、エロ以外にも気になることが多い多い。特に今回は、今までと違って異世界ファンタジーですからね。散りばめられた謎や複線、そういったものが今まで以上に気になる。あんなことやこんなこと、様々な可能性が。
 というわけで、今回はその謎についてでも色々と考察という名の妄想を語らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ