続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の異世界ファンタジー漫画『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

タグ:ラノベ執筆


 疲れているのでさっさと簡潔的に。

 ラノベ執筆があまり捗らない蔵間マリコです。
 先日は別のネタを書いたので1日ずれましたが、更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 いやもう、今日は疲れて動けないんで色々とすっ飛ばさせてもらいます。そうじゃなきゃあ、本当に倒れそうなので。読んでいる皆様、適当になりすぎてごめんなさい。
  というわけで、今回のカノゴクをどうぞ!!続きを読む


 月曜日更新なので、手短に。

 最近、どうも月曜更新になってしまう蔵間マリコです。
 月曜日ですが、しっかりきっかり更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 すいません、先日は小説家になろうのほうは更新できたのですが、本家のブログのほうは更新できなくて。今日はカツ丼を食えるほどの体が元気ですけど、昨日は頭痛と食欲減退で体がまとに動かないほどの重症でした。あんなに酷い状態になったのは、やはり体に疲れが蓄積していたのだろうか?ライトノベル執筆もブログ更新しないといけないけど、体調管理も注意しなければ。
 さて、前置きはこれぐらいにして、そろそろカノゴクの本編と入らせてもらいます。ブランとの死闘に勝利した大和、その一方で操舵室へと向かうブリジット・東雲。果たして、その先に待ち受けているものとは!?続きを読む


 今日はちょっと手短に。

 少しずつ執筆をしている蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 本当なら前置きとか後書きを色々と書きたいのですが、今日はちょっと慌しいことがありましてね……。理由はツイッターに書いているくだらないことですけど。まあ、それに体力を使いまして。というわけで、先でも書いているように手短に済ませます。
 さて、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本編へと入らせてもらいます。大和たちの身に降りかかる思いもかけぬ出来事。大和たちは立ちはだかる困難を乗り越えることができるのだろうか!?
 それでは今回のカノゴクをどうぞ。 続きを読む


 今週も更新!!

 亀の歩みながらも、色々と更新している蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 小説家になろうと並走で更新している今日この頃ですが、まだまだ慣れていないというか、結構きついと感じることがありますねえ。先駆けでカノゴクの19話を執筆をしながら、第18話をここのブログで掲載する。そして、小説家になろうではリブート版を連載。この3つのサイクルを消化しないといけないのですから。2つならともかく、3つは本当に大変ですよ。
 だけど、自ら課した試練に負けるわけにはいかない。これにすら負けてしまえば、自分が永遠にダメ人間でいることが決まってしまうのだから。自分を変えるためにも、これだけは達成しなければ。
 とまあ、意思表示はこれぐらいにして、そろそろ本編へと入らせてもらいます。先に言っておきますが、お世辞にも上手な内容とは言えません。それでも、アドバイスや感想をくれると非常に有難いです。
 それでは、今回のカノゴクもどうぞ。 続きを読む


 今日は手短に済ませます。

 少しずつラノベを執筆している蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を描いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』こと、カノゴクを。
 最初に書いている通り、前置きも、後書きも手短に済ませます。まあ、それについては色々と理由がありまして。そこはあまり追求しないでください。
 というわけで、そろそろ本編へと入らせてもらいます。あまり上手くありませんが、アドバイスや感想を書いてくれると非常に有難いです。
 というわけで、今回のカノゴクをどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ