続・黒のノエル

現在週刊ヤングマガジンで連載中の『パラレルパラダイス』をはじめ、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』、美少女SFバイオレンスラブコメディ漫画『エルフェンリート』、スポコン漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、食べ歩き企画、ライトノベルの執筆などをしております。どうぞごゆっくり見てください。

タグ:彼女たちの極秘事項(トップシークレット)


 やっぱり、無理があったかなあ……?

 今の自分の限界を感じてしまった蔵間マリコです。
 今日はちょっと報告しておきたいことが一つあります。現在、連載中のオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』についてです。
 2012年から連載開始して、およそ5年21話目まで書きましたが、ちょっと連載を止めようと思っています。一時休載、あるいは打ち切りというものです。
 ここまで書いて連載をストップするのはもったいない気がしますけど、これは色々と悩んで決めたことです。
 理由は2つ。一つ目の理由は、初めて書くライトノベルが長編作品であること。ライトノベルや小説執筆のサイトでもよく書いてあることなんだけど、最初書く作品は短編作品がいいとアドバイスしているところが多い。
 でも、自分は欲張ってしまった。頭の中で構想していたのは、10巻を優に越える超長編作品。こんな作品にいきなり挑むのは、あまりにも無理があった。アドバイスどおり、20~30ページ程度の短編から始めて、200ページ以内に纏まるぐらいの作品をいくつか完成してから挑戦するべきだった。それを無視した結果、スパゲティコードのようなグッチャグチャな自分でも処理しようがないものができてしまった。21話ほど完成させたところで、その意味を今になって痛感しています。
 もう一つは、モチベーションが下がってしまったこと。最初の頃は1話を1ヶ月半から2ヶ月程度のペースで完成させていた。だが、1回データが吹っ飛んだあたりから徐々にペースが落ちてしまった。2ヶ月から3ヶ月、そして4ヶ月に。これの原因は、ゴールがあまりに遠すぎるからだと思う。ある程度目標が低いと、徐々にハードルを上げることができるけど、いきなりハードルが高いと乗り越えられるわけがない。頑張っても頑張ってもゴールが見えず、最終的には打ちひしがれる。今回の失敗はまさにこれだと思う。
 とまあ、見事に今回も挫折してしまったが、別に執筆意欲がなくなったわけではない。彼女たちの極秘事項は失敗したが、新しくライトノベルの執筆準備をしている。勿論、新作は前回の失敗を踏まえての執筆。200ページ以内に収める作品を一つ予定している。そして余裕があれば、20~30ページの短編作品も執筆する予定です。これなら、目標地点も低いので何とかなりそうです。
 そして可能ならば、電撃大賞なりに投稿して、自分の実力を確かめたい。これれ彼女たちの極秘事項で失敗した点の一つだと考えています。どうして、自分の実力がどの程度か確かめるのが怖くて、踏ん切りがつかなかった。ただ、そんなことを言ってる場合じゃない。ここで、勇気を振り絞る必要がある。だから、完成させたら投稿するつもりです。これは予定じゃなくて、決定事項です。失敗するにしても、今回のような後ろ向きな失敗よりも、前向きな失敗をしたいので。だから、絶対に今回は完成させます!!

 挫折してしまったけど、それでも創作意欲は消えていないライトノベル執筆。
 今のところは構想を考えている部分なので、執筆までには少々時間がかかりそうですけど、テーマ自体は決まっています。それは今言えるものではありませんが、少なくとも自分の器量でどうにかなりそうなものを選んでいますので。
 ですので、期待してください!!新作のライトノベルを!!きっと、いいものを作りますから!!


 第22話が全く完成していません!!

 進捗状況が最悪なことになってしまった蔵間マリコです。
 先日は疲れすぎていたので更新できませんでしたけど、今日は更新しますよ。貧乏高校生の夏目大和とネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 いや~、今日で第21話がラストだというのに、第22話の進捗状況が最悪であります。ページ数にして50ページちょっと、完全にモチベーションが落ちているというか、マンネリ状態に陥っているというか。これを始めてから5年近くは書いていますからねえ。自分の中では色々とアイデアが思い浮かんでいるんですけど、それを書き起こすのになかなか気力が湧かなくて……。ちょっとしばらく別のものを書いて空気の入れ替えをしようか?それとも、そのまま書くか?悩みどころである。
 とまあ、やる気がなかなか湧かない状態ですけど、それでも今週のカノゴクを更新させてもらいます。先に言っておきますが、お世辞にも上手な内容とは言えませんよ。それでも読んでくれると非常に有難いです。
 それでは、今回のカノゴクをどうぞ。 続きを読む


 疲れているのでさっさと簡潔的に。

 ラノベ執筆があまり捗らない蔵間マリコです。
 先日は別のネタを書いたので1日ずれましたが、更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 いやもう、今日は疲れて動けないんで色々とすっ飛ばさせてもらいます。そうじゃなきゃあ、本当に倒れそうなので。読んでいる皆様、適当になりすぎてごめんなさい。
  というわけで、今回のカノゴクをどうぞ!!続きを読む


  なかなか進捗状況がー。

 予定以上に遅れていて、頭を抱えている蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 いや、頭を抱えているよりも指を動かしている場合なんですけどね、どうしようもないほどに進行が遅くて……。ようやく30ページ過ぎたところでしょうか。話の大まかな道筋は決めているし、いつでも軌道修正できるんですけどねえ……。どうしたことか……。
 とまあ、毎週同じようなことを書いていますけど、愚痴はこれぐらいにしてそろそろ本編へ入らせてもらいます。先に言っておきますが、あまり上手とは言い難いな文章と内容ですよ。それでも、読んでくれると非常に有難いです。
 それでは、今回のカノゴクをどうぞ。続きを読む


 なかなかと難しいな……。

 面白いものを書くのは相当難しいと思う蔵間マリコです。
 さてさて日曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。貧乏高校生の夏目大和と、ネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』、略してカノゴクを。
 いや~、進捗状況が悪いのもそうですけど、面白いものを書くことがそれ以上に難しいですねえ……。自分としては、小説やライトノベルも読み漁っていますし、小説執筆のノウハウ本で勉強したり、足りない知識はリサーチしたりと少しでもいいものを書くために努力はしているのですが……。それがなかなか結果に身に繋がらなくて。もしかしたら、やっているふりに終わっているのだろうか?実際、昔、そんなことを他の事で言われたこともありますし。でも、自分のやっていることが無駄に終わりたくないし、少しでもいいものを作りたい。だから、頑張らないと。
 とまあ、試行錯誤を繰り返しながらラノベノ執筆をしていますが、その話はこれぐらいにして、そろそろ本題に入らせてもらいます。先に言っておきますが、お世辞にも上手とは言い難い内容です。それでも読んでくれると非常に有難いです。
 それでは、今回のカノゴクをどうぞ。続きを読む

このページのトップヘ